ニュースリリース
2006

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

日本最大級のショッピングセンター「TOKYO-BAY ららぽーと」
5月26日(金) ファッション専門店ゾーン「CANDY DRIVE」 オープン
〜「ららぽーと1」を部分リニューアル〜

平成18年4月13日 三井不動産株式会社、株式会社ららぽーと

 三井不動産株式会社、株式会社ららぽーとは、「TOKYO-BAYららぽーと(http://www.lalaport.net/pc/top)」(千葉県船橋市)において、「ららぽーと1」を部分リニューアルし、アパレル、雑貨、飲食店等からなる専門店ゾーン「CANDY DRIVE」を、5月26日(金)にオープンいたします。

 「CANDY DRIVE」は約3,800m2の面積で、20代女性を中心に、10代後半からヤングミセスまで、ガールズマインドのヤングレディースをターゲットとしています。トレンド系アパレルやインナー、ファッション雑貨、アクセサリー、ネイルサロンなど、バラエティ豊かな店舗構成で、お客様が心弾んで買い物をするようなゾーンとなることを目指しています。

 今般のリニューアルによって26店舗がオープンいたします。「LIZ LISA Fusion(リズリサフュージョン)」、「INGNI(イング)」、「roxy(ロキシー)」など、エレガント系からアクティブ系まで、注目の店舗が一斉に登場いたします。
*「CANDY DRIVE」の出店店舗一覧は、添付資料にてご確認ください。

 当施設は、昭和56年(1981年)の開業以来、常にお客様のニーズや時代の変化に合わせて増床・リニューアルを継続的に実施しております。今般のリニューアルもこの一環であり、今後も常に新しい付加価値やサービスを提供・発信しながら、変化をし続けてまいります。
*当施設の増床・リニューアルの経緯は、添付資料をご確認ください。

以上

「CANDY DRIVE」パース

【位置図】

【「TOKYO-BAYららぽーと」概要】

延床面積 約255,000m2
テナント数 約540店舗
売場面積 約110,000m2
駐車場台数 約8,000台

【「CANDY DRIVE」への出店店舗一覧】

「CANDY DRIVE」への出店店舗一覧(PDF : 117KB / 1P)

【「TOKYO-BAYららぽーと」、増床・リニューアルの経緯】

(1) 1981年「ららぽーと1」オープン
ダイエー・そごうと2核1モールでオープン
(2) 1988年「ららぽーと2」増床
他施設に先駆けてシネマコンプレックス等を導入し、エンターテイメント機能の強化を図った。
(3) 1998年「ハーバーグリル」オープン
飲食店舗を質・量あわせて拡充。(老朽化した飲食棟の建替)
(4) 1999年「ららぽーと2」リニューアル
顧客ニーズの変化に対応した店舗配置の変更、渋谷109系・カジュアル衣料専門店等、新店舗を導入。
(5) 2000年「ららぽーと3」増床
団塊ジュニアと平成ニューファミリーをメインターゲットに、ショッピング・エンターテイメント機能、環境アメニティの一層の強化を実現。
(6) 2001年「ららぽーとウエスト」リニューアル
旧船橋そごうの土地・建物を取得、改装。
(7) 2003年3月「ららぽーと1」リニューアル
多様化・高度化する顧客ニーズに対応するため、特に食品ゾーンの設置とキッズゾーンの再編を主眼に平日強化を狙った。
(8) 2004年3月〜9月「ららぽーとウエスト」リニューアル
1,2,4,5階を大規模改装し、インテリア、ペット、家電等の大型専門店を導入。
(9) 2004年11月〜2005年2月「ららぽーとイースト」リニューアル 
旧ダイエー棟を改装し、カテゴリーキラー・フードテーマパーク(東京パン屋ストリート)を導入。
(10) 2006年5月
「ららぽーと1」を部分リニューアルし、アパレル、雑貨、飲食店等からなる専門店ゾーン「CANDY DRIVE」を導入。
 

ページの先頭へ