ニュースリリース
2009

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

アルパーク北棟 全テナント決定
4月24日グランドオープン
中国・四国地方最大級の商業施設

平成21年3月3日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社(東京都中央区 代表取締役社長 岩沙弘道)は、商業施設「アルパーク」(広島県広島市西区)において増床計画を推進してまいりましたが、今般、増床棟名称を「アルパーク北棟」とし、本年4月24日にグランドオープンすることを決定いたしましたのでお知らせいたします。

 当施設では、昨年10月に『「アルパーク」大ヘンシン計画 第1弾』としてアルパーク東棟をリニューアルオープンしておりますが、今回、第2弾として新たに「アルパーク北棟」をオープンいたします。この増床により、7店舗を加えアルパーク全体で173店舗、店舗面積約90,200m2となり、店舗面積において中国・四国地方最大級の商業施設となります。

 「アルパーク北棟」の主な店舗は以下の通りです

  • 広島県初出店となるシネマコンプレックス「109シネマズ」(9スクリーン、1550席を予定)
  • 一般スポーツからトップアスリート向けまで幅広い商品を取り扱う広島県最大級の大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」
  • 本の販売・CD・DVDの販売およびレンタル、アミューズメントの要素も取り入れた日本最大級の大型複合専門書店「フタバ図書」

※その他の店舗については、下記「アルパーク北棟」テナント一覧をご覧ください。


「アルパーク北棟」完成予想パース

 当社は、1981年開業の「ららぽーとTOKYO-BAY」をはじめ、「ららぽーと甲子園」「ららぽーと豊洲」「ららぽーと柏の葉」「ららぽーと横浜」など広域商圏をカバーする大型商業施設を全国で展開しております。地域の多様なニーズに応えるだけでなく、常に新しいライフスタイルを発信し、地域活性化・地域コミュニティの核として、街づくりの中心的な役割を担うことを目指しています。

以上

【「アルパーク北棟」概要】

所在地 広島県広島市西区草津南四丁目7-1
敷地面積 約20,066m2
建物概要 地上4階建て
(1〜2階:店舗、3〜4階:シネマコンプレックス)
延床面積 約17,200m2
店舗面積 約13,200m2
店舗数 7店舗
設計施工 株式会社フジタ

【「アルパーク」全体概要】

敷地面積 既存部約36,200m2 /増床後全体約56,266m2
建物概要 東棟(専門店) 地下2階地上10階塔屋2階建て
西棟(天満屋) 地下1階地上5階塔屋1階建て
南棟(駐車場) 地下2階地上8階塔屋2階建て
北棟 地上4階建て
延床面積 既存部約180,200m2 /増床後全体約197,400m2
店舗面積 既存部約77,000m2 /増床後全体約90,200m2
店舗数 既存部165店舗 / 増床後全体173店舗
駐車場台数 約3,300台(臨時駐車場含む)
公式サイト http://www.alpark.net/

【位置図・案内図】

位置図

案内図

【「アルパーク北棟」店舗一覧】

フロア 店舗名 会社名 営業種目
1F child lobby 株式会社コンプリートサークル 子供服
1F CELLU LOID 株式会社コンプリートサークル カフェ
1F そば吉 株式会社そば吉 そば・定食
1F WISTARIA FIELD 有限会社ウィスタリアフィールド 美容室
1F Super Sports ZEBIO ゼビオ株式会社 スポーツ用品
2F フタバ図書 株式会社フタバ図書 本 CD・DVD レンタル カフェ
アミューズメント 雑貨 他
3・4F 109シネマズ 株式会社東急レクリエーション シネマコンプレックス
 

*「フタバ図書」については6月下旬オープン予定

関連情報

オフィシャルサイト

三井不動産が手がけるショッピングセンター事業をご紹介

支店サイト

ページの先頭へ