ニュースリリース
2010

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • グローバル
  • 住まい

「環境共生」と「省資源・資源循環効率化」をコンセプトとした
中国初の国家レベルの大規模環境都市開発プロジェクト
「天津エコシティ」住宅事業に参画

平成22年5月20日 三井不動産レジデンシャル株式会社

<天津エコシティ 住宅事業参画について>

 三井不動産レジデンシャル株式会社は、「中国・シンガポール天津エコシティ」(中国名:中新天津生態城)の住宅分譲事業に参画いたします。SSTEC社ならびにTS社とプロジェクト会社を設立し、「区画12a」「区画5」を事業推進するとともに、今後、「区画6」についても参画を検討してまいります。3区画合計で約2,650戸(中高層住宅 約2,250戸、低層タウンハウス・戸建 約400戸)を計画しており、全体竣工は2014年2月を予定しています。

 天津エコシティは、天津濱海新区内の天津経済技術開発区北側に面する約30平方キロメートルの開発エリアに、「環境共生」と「省資源・資源循環効率化」をコンセプトとした、目標人口35万人(2020年〜2025年頃)の中国初の国家レベルの大規模環境都市開発プロジェクトです。今後、中国各地で進められる環境都市開発のモデルとなることが期待されています。

 「区画12a」「区画5」「区画6」は、天津旧市街地(現在の天津市の中心部)と天津経済技術開発区から延伸する鉄道「天津軽軌」の2駅(2012年開業予定)利用可能で、天津エコシティの先行開発エリアに位置しています。

 「区画12a(第1期 本年5月末着工予定)」では、天津市内の一次取得者層をメインターゲットに、3LDK(全て内装付き)を中心とした中高層住宅を今秋販売予定です。


区画12a 完成予想パース

<中国における住宅事業展開について>

 近年、経済成長が著しい中国では、良質で高付加価値な住宅に対するニーズが高まっており、日本国内で培ってきた、お客様のニーズ・ウォンツにきめ細かく対応した環境配慮型の魅力ある住まいづくりや街づくりのノウハウを活かし、中国国内において良質な住宅を提供することを目指します。

 中国における住宅事業としては、丸紅グループの上海好世置業有限公司との共同事業「(仮称)上海嘉定プロジェクト」への参画に次ぐものであり、外資との合弁による初の住宅事業です。

 中国においては、三井不動産が2005年に上海駐在員事務所を開設(2009年に三井不動産(上海)投資諮詢有限公司を設立)するなど、事業機会獲得に向けた活動を推進してまいりました。さらに三井不動産レジデンシャルにおいては、本年4月に「海外事業部」を新設いたしました。

 今後、中国をはじめとする東アジアを戦略エリアとして位置づけ、上海、天津に加えて北京などの主要都市において、アジア各所で事業展開する有力なデベロッパーとアライアンスを組み、本格的に事業推進を図ってまいります。

 なお、三井不動産レジデンシャルは、中国をはじめとする東アジアを戦略エリアとして事業拡大を図る一方、日本については引き続き重要なマーケットと位置づけて、多様化・高度化する住まいや暮らしに関わるお客様のあらゆるニーズ・ウォンツにきめ細かく対応するとともに、街づくり型や環境創造型など価値創造を行い、競争力の維持・向上を目指してまいります。

 「すまいとくらしの未来へ」という当社コーポレートステートメントのもと、今後も、上質な住まいの提供と新たな暮らしの提案に努めてまいります。

 『 &EARTH 』(アンド・アース)は、三井不動産グループのロゴである「&(アンド)マーク」に象徴される「共生・共存」という理念のもと、当社グループの活動が常に地球と共にあることを表現しています。当社グループは、グループ一体となって、豊かで幸福な未来へと繋がる新しい街を、お客様とともに創り出してまいります。

以上

【1.天津エコシティ概要】

開発主体 SSTEC社
所  在 中華人民共和国 天津市
(北京から東に約150km、天津市内から東に約45km)
計画概要 
  • 全体開発面積30km2
  • 用途 住宅、オフィスビル、商業・文化施設、大学など
  • 開発期間 10年から15年
  • 計画人口35万人(2020年〜2025年予定)
  • 「環境共生」と「省資源・資源循環効率化」をコンセプトとした、中国初の国家レベルの大規模環境都市開発プロジェクト。

【2.プロジェクト概要】

計画概要(予定)

  区画12a 区画5 区画6
敷地面積 約63,200m2 約137,000m2 約208,200m2
用  途 中高層住宅 中高層住宅
小学校、幼稚園
低層タウンハウス
戸建
延床面積 約101,200m2 約134,400m2 約125,000m2
戸数 約900戸
(第1期450戸、第2期450戸)
約1,350戸 約400戸
スケジュール 2010年5月着工
2012年3月竣工
2011年7月着工
2014年2月竣工
2010年9月着工
2013年11月竣工

共同事業者概要

(1) SSTEC社
名称 Sino-Singapore Tianjin Eco-City Investment and Development Co.,Ltd
(中新天津生態城投資開発有限公司)
設立 2009年5月
本社所在地 天津市天津生態城漢北路7号
備考 SSTEC社は天津エコシティのマスター開発業者であり、天津TEDA投資有限公司を筆頭に組成された中国のコンソーシアムとケッペルグループを筆頭に組成されたシンガポールコンソーシアムとのJV。(出資比率50:50)

※SSTEC社については、www.tianjineco-city.comをご参照ください。
(2) TS社
名称 Tion Seng Properties pte Ltd.
設立 1975年5月
本社所在地 510 Thomson Road #08-00, SLF Building Singapore 298135

地図

区画図

関連情報

三井不動産の住まいに関する製品・サービスをご紹介

ページの先頭へ