ニュースリリース
2011

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 住まい

三井不動産レジデンシャル「パークホームズ大倉山」にて新築分譲マンション初導入
カーシェアリング用電気自動車、日産「リーフ」を
災害時の非常用電源として活用

平成23年12月20日
三井不動産レジデンシャル株式会社、日産自動車株式会社
株式会社日産カーレンタルソリューション、株式会社フルタイムシステム

 三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区日本橋室町 社長:松本光弘)と、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)、株式会社フルタイムシステム(本社:東京都千代田区岩本町、社長:原幸一郎)は共同で、災害時における非常用電源として、日産「リーフ」の駆動用バッテリーからマンションの共用部に電力供給するシステムを導入いたします。なお、本システムにおいては、株式会社日産カーレンタルソリューション(本社:千葉県千葉市美浜区中瀬 社長:中川一夫)が運営する、EVカーシェアリングで使用する電気自動車(EV)・日産「リーフ」を活用いたします。

 日産「リーフ」からマンションへの電力供給システムは、宅配ロッカー最大手のフルタイムシステムが、三井不動産レジデンシャル、日産自動車の協力のもと開発し、平成24年9月下旬を目途に商品化する予定です。EV充給電機を導入することで、外部からの電力供給がない状況でもEVからの電力供給により、ワンセグテレビやラジオ、スタンド照明の利用や携帯電話の充電(1日20機を想定)が最大10日間可能になります。

 まずは、三井不動産レジデンシャルが分譲中の「パークホームズ大倉山」(神奈川県横浜市港北区 総戸数177戸)にて、分譲マンションとして初めて導入いたします。当物件は、共用部に太陽光発電20kWと蓄電池30kWhを搭載し、防災用備品として発電機等も備えており、非常時には自立運転により一部共用部の電力供給を想定していますが、今般、更なる非常時の対応としてEVからの電力供給システムを導入いたします。マンションの集会室を災害時の防災拠点である「サポートステーション」と想定し、非常時には、日産「リーフ」のバッテリーから充給電機を経由して「サポートステーション」の非常用コンセントに電力供給をいたします。

 三井不動産レジデンシャルは、上記システムを今後、EVカーシェアリングの採用が予定されている「パークシティ南浦和」(埼玉県さいたま市南区 総戸数211戸)をはじめとする首都圏の物件を中心に順次導入していきます。今後とも、マンション内にEVの導入を進めながら、入居者の利便性とマンションの安全性を図り、地球環境の改善に貢献していきたいと考えております。

 日産自動車は、ゼロ・エミッション社会の実現に向けた包括的な取り組みの一環として、日産「リーフ」に搭載している大容量24kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーの蓄電能力を生かし、一般住宅への電力供給を行うシステムを平成23年8月に発表いたしました。以来、一般導入に向けた検討を幅広いパートナーと連携して進めていますが、今回、日産「リーフ」から分譲マンションへ電力供給するシステムを導入することで、更なるゼロミッション社会の推進へ貢献します。

 日産カーレンタルソリューションは、三井不動産レジデンシャル、フルタイムシステムと共同で、「パークホームズ大倉山」などの新築マンションに「EVカーシェアリング」と「宅配レンタカーサービス」の新サービスを導入していく予定ですが、今後は、カーシェアリング用電気自動車を活用したマンションへの電力供給システムの普及促進についても、積極的に参画していきます。

以上

【「パークホームズ大倉山」物件概要】

所在地 横浜市港北区大倉山1-22
交通 東急東横線「大倉山」駅徒歩6分
敷地面積 6,702.01m2(2,027.35坪)
延床面積 14,939.43m2(4,519.17坪)
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 地上7階建
総戸数 177戸
間取り 2LDK〜4LDK
専有面積 55.08m2〜89.06m2
駐車場 78台(うちカーシェアリング用1台+宅配レンタカー用1台+来客用1台)
設計 三井住友建設株式会社
施工 三井住友建設株式会社
管理会社 三井不動産住宅サービス株式会社
竣工 平成24年9月下旬予定
入居 平成24年10月下旬予定

【位置図】

関連情報

オフィシャルサイト

三井不動産の住まいに関する製品・サービスをご紹介

ページの先頭へ