ニュースリリース
2012

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • その他

CRE戦略の新たなソリューション
太陽光発電所(メガソーラー)を建設
2013年度中に3施設合計で発電出力約53MW

平成24年9月11日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社は、テナント企業などに保有不動産(CRE:Corporate Real Estate)の有効活用における新たなソリューションを提供するとともに、再生可能エネルギー発電の推進により、日本のエネルギー調達・ベストミックスおよび自給エネルギーの確保・多様化に貢献するため、この度、太陽光発電所(メガソーラー)を建設することとなりました。

 建設予定地は山口県山陽小野田市で、発電出力約13MW(メガワット)の発電所を計画しており、本年10月に着工し、2013年度の稼働を目指しています。この他、2013年度中に太陽光発電所を2施設稼働させる計画があり、3施設合計の発電出力は約53MWとなる予定です。 年間発電電力量は約5,600万kWhとなる見込みで、一般家庭の年間消費電力量約15,000世帯分に相当します。

 メガソーラー事業については、土地所有企業から借地し、発電所を建設した後、発電した電気を電力会社に売電いたします。発電所の仕様については、日本製の太陽電池モジュール・設備を採用します。

 当社は、これまで保有不動産の有効活用など顧客企業にCRE戦略の提案を積極的に展開しており、4月9日に発表した「イノベーション2017」では、物流事業への参入により既存のアセットクラスのバリエーションを拡大する方針を打ち出しました。メガソーラー事業により、CRE戦略の新たなソリューションを提供し、これまで以上に顧客企業の幅広いニーズに応えてまいります。

 また、当社は「柏の葉キャンパスシティ」や「パークホームズ大倉山」などで、「スマートシティ」の取り組みを推進しています。本事業を通じて、メガソーラーの「創エネ技術」のノウハウを蓄積し、これらの街づくりに活かしていきたいと考えています。


(仮称)三井不動産 山陽小野田太陽光発電計画 イメージパース

以上

【計画概要】
「(仮称)三井不動産 山陽小野田太陽光発電計画 」

所在地 山口県山陽小野田市大字小野田字末広7525番10外
計画地面積 約16ha
計画出力 約13MW
事業主 三井不動産株式会社
土地所有者 太平洋セメント株式会社
スケジュール 2012年10月 着工予定
2013年度 竣工・運転開始予定
事業期間 20年間

【位置図】

「(仮称)三井不動産 山陽小野田太陽光発電計画」

ページの先頭へ