ニュースリリース
2012

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ホテル

京町家の風情を色濃く残す京都・新町通に
「伝統・継承・再生」をテーマとした
(仮称)三井ガーデンホテル京都新町通 着工
平成26年春 開業予定

平成24年11月5日
三井不動産株式会社、株式会社三井不動産ホテルマネジメント、株式会社大丸松坂屋百貨店

 三井不動産グループならびに株式会社大丸松坂屋百貨店は、京都市中京区新町通六角下ル(旧松坂屋京都業務部・染織参考館跡地)において「(仮称)三井ガーデンホテル京都新町通(客室数130室・予定)」を着工いたしましたのでお知らせいたします。

 本プロジェクトは株式会社大丸松坂屋百貨店が所有する「松坂屋京都業務部・染織参考館」跡地にホテルを建築し、竣工後三井不動産グループが賃借・ホテル運営を行うものです。ホテル建築にあたっては、京都の町家が数多く残る地域の街並みに調和するよう、旧松坂屋京都業務部建物の外観・意匠を再生・活用いたします。なお、京都市における「三井ガーデンホテル」は3施設目、開業は平成26年(2014年)春を予定しています。

<当ホテルの特徴>

【ロケーション】

  • 京都らしい町家が多く残り、祇園祭には山や鉾が立ち並ぶ情緒豊かな新町通に立地。京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩6分、阪急京都線「烏丸」駅徒歩6分。交通アクセス至便な立地は、観光はもとよりビジネス・ショッピングにも最適です。

【デザイン】

  • 旧松坂屋京都業務部建物(明治36年築)の町家のファサードイメージを再生し、新町通の街並みに調和するよう3階以上をセットバックさせた外観デザインを採用。あわせて、新町通面した蔵を保存・活用します。
  • 内部インテリアにも旧建物の敷石・梁などを活用する予定です。

【顧客ターゲット】

  • 国内屈指の観光都市「京都」の国内外のレジャーユース(女性グループや家族・カップル、個人観光客など)をメインに、ビジネスニーズにも幅広く対応。

【客室】

  • ツインタイプ(一部トリプルユースにも対応可能な23〜28m2)を中心とし、シングルもすべて2人利用が可能なゆとりあるプラン。

【ホテル内施設】

  • 1階に宿泊者の疲れを癒す専用の大浴場と5層吹き抜けの中庭を臨むロビーラウンジを備えるほか、新町通の町並みを感じながら朝食を味わえるレストランを設置。

外観完成予想図

明治36年築 旧松坂屋京都業務部建物

 三井ガーデンホテルチェーンは、現在、全国で16施設4,258室を運営しており、当ホテルのほか、同じく平成26年(2014年)春に「(仮称)三井ガーデンホテル大阪中之島(271室・予定)」「(仮称)三井ガーデンホテル柏の葉(166室・予定)」、平成29年(2017年)春に「(仮称)三井ガーデンホテル名古屋(約300室)」の開業を予定しております。

 今後も、大都市圏や地方政令指定都市において積極的に新規展開を行うとともに、ワンランク上の宿泊主体型ホテルとして「お客様の五感を満たすホテル」、「記憶に残るホテル」を目指し、ホスピタリティー溢れるサービスの提供に努めてまいります。

 

以上

【計画概要】

所在地 京都府京都市中京区新町通六角下ル六角町361他(地番)
交通 京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩6分
阪急電鉄京都線「烏丸」駅徒歩6分
事業形態 株式会社大丸松坂屋百貨店が所有土地にホテルを建築。竣工後、三井不動産株式会社が一括賃借し、株式会社三井不動産ホテルマネジメントがホテルとして運営。
設計・施工 株式会社 竹中工務店
敷地面積 1,705.29m2(515.85坪)
延床面積 5,528.31m2(1,672.31坪)
構造規模 RC造 地上5階、地下1階、塔屋1階
客室数 130室(予定)
付帯施設 レストラン1区画・大浴場(宿泊者専用)・ロビーラウンジ(1階)
事業スケジュール 着工 平成24年11月1日
竣工 平成26年1月末(予定)
開業 平成26年 春(予定)

【位置図】

詳細図

広域図

【三井ガーデンホテルチェーン概要】


▲クリックすると拡大します

関連情報

オフィシャルサイト

三井不動産が手がける国内外のホテル事業をご紹介

ページの先頭へ