2014年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • CSR
  • ショッピングセンター
  • イベント

川崎市・東芝・三井不動産が連携 再生可能エネルギーの普及・啓発を推進
『グリーンパワーで描く川崎の未来プロジェクト』

平成26年7月1日
川崎市
株式会社東芝
三井不動産株式会社

川崎市・株式会社東芝・三井不動産株式会社は3者で連携し、再生可能エネルギーへの理解・促進を協働で進めるべく、本年度、商業施設での教育型イベントや川崎市内小学校での再生可能エネルギー学習教室などを実施します。

再生可能エネルギーとは太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなど自然の力でつくるエネルギーを指します。こうした再生可能エネルギー由来の電気は暮らしや地域を大きく変えるパワーを秘めています。経済産業省資源エネルギー庁は、この再生可能エネルギーの普及をはかることを目的に、2013年7月から官民連携による『GREEN POWER プロジェクト』を展開しています。

3者は、『GREEN POWER プロジェクト』の「官民連携で再生可能エネルギーを推進する」という目標に賛同し、それぞれのCSR活動を連携します。川崎市は“グリーンパワー(再生可能エネルギー)への取り組み”を発信、東芝は“次世代育成のプログラム”を提供、街づくりを推進する三井不動産グループは環境や社会貢献活動を知っていただく“場ときっかけ”の提供をします。

第1弾:『知ろう!グリーンパワー教室 ~グリーンパワーで描く川崎の未来プロジェクト~』

  • 2014年9月7日(日)11:00~17:00/三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県川崎市)
    【参加無料!】「エコちゃんず」(CCかわさきエコ戦略のイメージキャラクター)が参加!
    主催:株式会社東芝・三井不動産株式会社
    共催:川崎市
    協力:経済産業省資源エネルギー庁(GREEN POWER プロジェクト)

    ▲エコちゃんずが来るよ!
  • 株式会社東芝が“人と科学のふれあい”をテーマとし展開してきたイベントや、再生可能エネルギーを楽しく学べる紙芝居を、ラゾーナ川崎プラザで開催します。
  • プログラム内容:
    1. ミニ電気自動車(エコカー)工作教室(30分/回)
      東芝未来科学館のイベントがラゾーナに!
      電池をわかりやすく学べる工作で“電気”の大切さを知ることができます


      第1回:12:00~12:30(定員20名)
      第2回:14:00~14:30(定員20名)
      第3回:15:40~16:10(定員20名)
      • 整理券を当日10:45より会場で配布します
    2. 紙芝居「夢のグリーンパワー」(30分/回)
      ハラハラドキドキ、楽しみながらグリーンパワー(再生可能エネルギー)を学べる紙芝居です


      第1回:11:00~11:30(着席先着30名)
      第2回:13:00~13:30(着席先着30名)
      第3回:14:50~15:20(着席先着30名)
      第4回:16:30~17:00(着席先着30名)

第2弾:『体験しよう!グリーンパワー教室 ~グリーンパワーで描く川崎の未来プロジェクト~』

  • 2014年後期/浮島太陽光発電所見学ツアー・ラゾーナ川崎プラザでの講座などを予定
  • 実際にグリーンパワー(再生可能エネルギー)に見て触れる体験を通して、次世代の子ども達と一緒に未来の川崎グリーンシティを描きます。

第3弾:『学ぼう!グリーンパワー教室~グリーンパワーで描く川崎の未来プロジェクト~』

  • 2014年後期/川崎市内小学校
  • 川崎市内の小学校で三井不動産グループが2009年より展開している「&EARTH教室」を開催します。
    コミュニティの醸成や再生可能エネルギーをテーマに実施します。

『GREEN POWER プロジェクト』とは

「日本を、グリーンの力でうごかそう。」というコンセプトのもと、再生可能エネルギーを通して未来の日本を創っていくプロジェクト。今はまだ日本の発電電力量のわずか2.2%を占めるに過ぎない再生可能エネルギー。2013年7月から始まった固定価格買取制度への理解を深めるとともに、再生可能エネルギーの普及を更に加速させるべく、官民連携で進めていく活動です。
公式HP:http://www.greenpowerproject.jp/

川崎市の活動紹介

川崎市では、「環境」と「経済」の調和とグッドサイクルによる低炭素社会の実現を目指して「CC(カーボン・チャレンジ)かわさきエコ戦略」を発表し、取り組みを進めています。「グリーンパワー(再生可能エネルギー)」の取り組みに関しては、川崎市の臨海部に最大出力2万kwを誇る川崎大規模太陽光発電所事業を開始するとともに、メガソーラーに隣接する「エコ暮らし未来館」を設立し、地球温暖化や再生可能エネルギーなどについて、見て・聞いて・触って、学べる体験学習の場を提供しています。


株式会社東芝の活動紹介

川崎市には、スマートコミュニティセンターをはじめ、東芝未来科学館や研究開発センターなど東芝に関連する施設が多数あります。特に東芝未来科学館では、様々な先進技術で人々の暮らしを変えてきた東芝のあゆみを振り返ることができるヒストリーゾーン、実験やワークショップを通じて 子ども達が科学技術を楽しく学ぶことが出来るサイエンスゾーン、そして東芝が目指すスマートコミュニティの未来に触れることができる展示ゾーンがあります。その他に、サイエンスステージや科学実験教室等体験型の教育イベントも数多く準備し、科学教育のリテラシーの一助に貢献できたらと願っています。


三井不動産グループの活動紹介

三井不動産グループでは、グループのロゴである「 (アンド)」マークに象徴される「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、グループビジョンに「 (アンド・アース)」を掲げ、当社グループのまちづくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしています。 三井不動産グループの商業施設では、その一環として、不要になった衣料品を世界各国の難民や被災者の方へ送る「&EARTH 衣料支援プロジェクト」や、誰でも楽しく学べる震災対策「&EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!」、盲導犬などの理解や知識を深めていただく「&EARTH 盲導犬ふれあいキャンペーン」など、幅広い年代の方が来場する商業施設という場所を活かし、様々な活動を行っています。


もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。