2014年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ベンチャー共創
  • イベント

「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014」受賞企業を発表
~優勝はシンガポールのT.Ware Pte. Ltd.社~

平成26年7月16日
一般社団法人フューチャーデザインセンター
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
東京大学産学連携本部
三井不動産株式会社

一般社団法人フューチャーデザインセンター、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、東京大学産学連携本部、三井不動産株式会社は、アジア各国と連携した国際ビジネスコンテスト「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014(AEA2014)」を、千葉県柏市・柏の葉スマートシティ「ゲートスクエア」を舞台に、7月13日(日)~15日(火)の3日間にわたり開催しました。本アワードには会期中、アジア各地から集まった起業家、ベンチャー企業の育成・支援者、新しいビジネスパートナーやアイディアを求める研究機関や民間企業、投資家、起業を志す学生などが参加しました。

AEAは、アジアから世界を変える起業家たちが集まり、競い合う“日本発”のイノベーション・アワードです。第3回大会となる今年度は、アジア12カ国・地域から集まった、独自の技術と研究開発力を持つベンチャー企業17社が英語によるビジネスプランのプレゼンテーションを行い、事業の革新性や経済的・社会的影響力、実行力を競い合いました。

17社57名の起業家は、ゲートスクエア内の“知的交流によって新産業を生み出す”イノベーションオフィス「柏の葉オープンイノベーションラボ(KOIL)」と「柏の葉カンファレンスセンター(KCC)」にて、各プログラムに取り組みました。Day 1には、日本のベンチャー支援の専門家によるメンタリングを通じ、ビジネスプランとプレゼンテーションに磨きをかけるとともに、参加者同士の交流機会を持ちました。Day 2には、セミファイナルに挑み、参加17社からファイナル進出の6社が決定。最終日のDay 3には、審査員と大勢の聴衆の熱気に満ちた会場でファイナルが行われ、厳正な審査の結果、以下の各賞が決定しました。

「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014」受賞企業

グランプリ T.Ware Pte. Ltd.(シンガポール)代表者:James Teh(CEO)
癒しを与える触れ合い(タッチ)の提供
賞金300万円を獲得*1
第2位 GISSCO CO., LTD.(タイ)代表者:Jessada Wannasin(Co-Founder)
半固体金属ダイカスト(semi-solid metal die casting)の開発
賞金総額100万円を獲得*1
第3位 YTODAY SDN. BHD.(マレーシア)代表者:Tan Yee Mei(CEO)
若者と企業や政府機関をつなぐオンライン手段の提供
賞金総額50万円を獲得*1
Intel賞 *2 株式会社京都マテリアルズ(日本)代表者:山下正人(代表取締役)
材料科学分野の基礎的研究から得られた知識を実用化
「APEC アクセラレーターネットワークサミット2014*3」への招待
瑞安賞 *4 YTODAY SDN. BHD.(マレーシア)代表者:Tan Yee Mei(CEO)
若者と企業や政府機関をつなぐオンライン手段の提供
「InnoSpace *5」の6カ月間無料使用権、ビジネスマッチングセッションへの無料参加権、
法人格付与・リクルート・法律相談等の支援サービス(無料)など上海でのビジネスサポート、受賞企業代表者2名分の拠点国~中国・上海間の往復航空券
日本ニュービジネス協議会連合会会長賞 RAD Green Solutions Inc.(フィリピン)代表者:Ivan Lim(President & CEO)
少量の燃料で多くの熱を生み出す技術の開発
賞金30万円を獲得
  • 本アワードの共催社である三井不動産ならびに協賛社である日本航空と日本ヒューレット・パッカードより、以下の副賞が各社に授与されました。
    • グランプリ:KOILパークへの2年間の無料入居権/JALボーナスマイル5万マイル×2名/HPノートパソコン3台
    • 2位:KOILパークへの2年間の無料入居権/JALボーナスマイル:4万マイル×2名/HPノートパソコン2台
    • 3位:KOILパークへの2年間の無料入居権/JALボーナスマイル:3万マイル×2名/HPノートパソコン1台
  • 「Intel賞」は、日本からのエントリー企業のうち最優秀チーム1名に贈呈される賞です。
  • 「APEC アクセラレーターネットワークサミット2014」は、2014年8月に台湾で開催されるインテル社が主催するアジアの起業家コンテストです。
  • 「瑞安賞」は、ITまたはIT関連クリーンテクノロジー分野のエントリー企業のうち最優秀チームに贈呈される賞です。
  • 「InnoSpace」は、上海の複合コミュニティ「創智天地(KIC)」に設置されたインキュベーション施設です。

本アワードは、日本が主導してアジアにおけるベンチャー企業育成のエコシステムを構築するとともに、「公民学」が連携して新産業創造都市としての街づくりを進める柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)を、世界的なイノベーションの一大拠点にしていくことを目指して実施する国際ビジネスコンテストです。アジア最先端のテクノロジーとアイディアを発展させ、社会的課題を解決するための新産業を創造する場として、2012年より開催しています。本年度はこれまでの複数箇所に分散していたAEAの各アクティビティを、7月8日にオープンした“世界の未来像をつくる街”柏の葉スマートシティ「ゲートスクエア」に集約しました。3日間にわたる交流とプログラムを通じて、クリエイティブなイノベーションを実現する機会を作り出しました。主催・共催各社は、本アワードの開催を通じて、「KOIL」のコンセプトでもある、多様な立場の人々が集まり、知識、技術、アイディアを組み合わせることで、革新的で新しい価値を創り出す“オープンイノベーション”を進めていきます。

「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014」開催風景


株式会社イー・ウーマン代表取締役社長佐々木かをり氏による講演

グローバルな人的ネットワーク構築も本アワードの主要目的

日本のベンチャー支援者によるメンタリング風景

熱気に満ちた会場で行われたファイナルの様子


優勝したT.Ware Pte. Ltd社の表彰風景


各賞受賞企業による集合写真

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。