2014年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)

最先端未来都市を見て、歩いて、体感するツアーイベント
「柏の葉スマートシティツアー」を9月1日(月)より開始
~『ゲートスクエアコース』『ミュージアム・駅前コース』2種類のツアーを実施~

平成26年9月1日
柏の葉アーバンデザインセンター
三井不動産株式会社

千葉県柏市・柏の葉地域を拠点としたまちづくり組織である柏の葉アーバンデザインセンター(略称:UDCK)は、三井不動産株式会社と連携し、柏の葉スマートシティで進む未来型街づくりの特徴や理念、具体的な取り組み・施設を楽しく分かりやすく紹介する「柏の葉スマートシティツアー」を、2014年9月1日(月)より、『ゲートスクエアコース』と『ミュージアム・駅前コース』の2種類のコースで運用を開始します。

『ゲートスクエアコース』は2014年7月にオープンしたゲートスクエアを中心に回るコースで、柏の葉街全体のエネルギーを運用・監視・制御する拠点で一般公開はしていない「柏の葉スマートセンター」や、疾病予防型の健康サービス専門店街「街のすこやかステーション」、新産業を生み出すイノベーションオフィス「KOIL*」など、各施設を見学しながら最新の機能や特徴を専門ガイドスタッフが紹介します。参加者には独自開発された多言語(日本語/英語対応、中国語準備中)対応タブレット端末を配布し、動画などを交えた分かりやすい解説で、最先端のスマートシティを体感していただけます。

  • 柏の葉オープンイノベーションラボ(Kashiwa-no-ha Open Innovation Lab)

『ミュージアム・駅前コース』は、2014年5月より試験的に開催してきたツアー内容を引き継ぎ、柏の葉地域に導入されている技術や設備、街づくりの取り組みなどを紹介する「柏の葉スマートシティミュージアム」を中心に参加者を案内します。市民の方々がガイド役を務め、街づくりの特徴を生活者目線で参加者に伝えます。

柏の葉スマートシティは「世界の未来像をつくる街」を目指して公・民・学が連携し、豊かな自然環境と最先端の技術が融合した街づくりを進めており、その先進性が注目されて国内外から年間6,500人(2013年度実績)を超える視察者が訪れています。UDCKでは視察のニーズに対応するために2014年5月より「柏の葉スマートシティミュージアム」を中心とした視察ツアーを試験的に実施しており、4カ月間で100人以上の方々をご案内しています。今回、新しいコースを追加して、内容を拡充することで、当地域で培った先進的なまちづくりのノウハウを国内はもちろん世界各地へ応用展開できるように、情報発信してまいります。


『ゲートスクエアコース』開催風景

『ミュージアムコース』開催風景

「柏の葉スマートシティツアー」開催概要

主催 柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)
参加 開催日の1週間前までにWEBサイトより申し込み
ホームページ http://www.kashiwanoha-navi.jp/inspection.html
A) ゲートスクエアコース
開催日 毎週 月・水・木曜日(祝日休)
開催時間 10:00~11:30
料金 3,000円(税込)/人
各回定員 20名
ツアー内容 「ゲートスクエア」の各施設を中心に、専門ガイドスタッフと多言語対応タブレット端末*1で案内
  1. オープニング(街づくりのコンセプトを映像で紹介)
  2. 柏の葉スマートセンター(地域エネルギー運用・監視・制御拠点)
  3. KOIL(新産業を生み出すイノベーションオフィス)
  4. 街のすこやかステーション(疾病予防型の健康サービス専門店街)
  5. エネルギー棟(創・省・蓄エネルギーの供給・制御設備を集約させた施設)*2
  6. オープンスペース(モビリティポート、プラザなど)

  • 1多言語対応はタブレット端末のみで、ガイドスタッフによる案内は日本語のみとなります。
  • 2エネルギー棟は安全上・保安上の理由から、建物外部からタブレットを使っての案内となります。
B) ミュージアム・駅前コース
開催日 毎週 火・金曜日(祝日休)
開催時間 10:00~11:30 14:00~15:30 (1日2回開催)
料金 1,000円(税込)/人
各回定員 15名
ツアー内容 「柏の葉スマートシティミュージアム」を中心に、市民ガイドが案内
  1. 柏の葉スマートシティミュージアム
  2. かしわのはらっぱ(芝生広場)、モビリティポート
  3. KOIL
  4. UDCKにて質疑応答

以上

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。