2016年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • スポーツ
  • イベント

日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020
2016年9月20日(火)~10月10日(月)
~リオの感動と興奮がよみがえる日本橋から、TOKYO 2020のムーブメントを~

2016年9月7日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(以下、三井不動産 本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)と公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)は、この度、「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」と題し、2016年9月20日(火)から10月10日(月)まで、三井不動産ゆかりの地である日本橋にて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)エンブレムやオリンピアン・パラリンピアンの肖像を用いて大規模な装飾を繰り広げる「シティドレッシング」(大型グラフィック等を掲出して街全体を装飾)を実施いたします。

また、コレド室町1とコレド室町2間の仲通りに設置した、幅9m×高さ2.5mの3面LEDパネルに映像を映し出す体感イベント「Go for 2020 Street」を、2016年9月20日(火)から10月10日(月)まで開催します。「Go for 2020 Street」では“リオのあの感動と興奮が、いよいよ東京に”というメッセージのもと、リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、リオ2016大会)の日本代表選手団の映像を映し出し、臨場感溢れる雰囲気と感動を再現。「そして、いよいよ東京にオリンピック・パラリンピックがやってくる」をテーマにした映像コンテンツも用意し、オリンピック・パラリンピックムーブメントを五街道の起点でもある日本橋から起こします。

なお、本イベント期間中には、東京2020組織委員会が、日本橋三井タワー1階アトリウム広場で期間限定の「東京2020公式ライセンス商品販売コーナー」をオープンいたします。

当社は東京2020大会の「ゴールド街づくりパートナー」として、2015年10月に日本橋で、今年の8月にも東京ミッドタウンで「シティドレッシング」を実施しました。今回の「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」では、リオ2016大会の興奮冷めやらぬ中、日本代表選手団の活躍と感動を体感できる場を設けることで、オリンピック・パラリンピックの機運を一層高め、東京2020大会の成功に貢献してまいります。また、今後も日本橋や六本木、湾岸エリア、当社が全国で運営する「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」などの場の活用を通してアスリートを応援し、街とオリンピック・パラリンピックムーブメント双方の盛り上げに貢献してまいります。


三井本館中央通り沿い壁面装飾

仲通り体感型映像イベント

※画像はイメージです。

【開催概要】

企画名 日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020
開催期間 2016年9月20日(火)~10月10日(月)
会場 中央通りを中心とした日本橋エリア
実施内容 中央通りをメインに、東京2020大会エンブレムやリオ2016大会に出場した日本代表選手の肖像を用いた大規模な街装飾
大規模装飾演出
実施場所
壁面装飾 三井本館
コレド日本橋
のれん 日本橋三井タワー
ガラス面装飾 コレド室町1
コレド室町3
ストリートボード装飾
(工事現場 仮囲い装飾)
(仮称)JPビルディング建替計画
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
壁面バナー 日本橋三井タワー
コレド室町1
コレド室町2
コレド室町3
コレド日本橋
デジタルサイネージ 江戸桜通り地下歩道
日本橋三井タワー
街灯フラッグ 中央通り(日本橋室町3丁目から京橋3丁目)
提灯 コレド室町1
コレド室町2
ライトアップ 三井本館
日本橋三井タワー
実施体制 主催 三井不動産株式会社
共催 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
後援 東京都 中央区
公益財団法人日本オリンピック委員会
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会
協力 株式会社アシックス/味の素株式会社/ JXエネルギー株式会社/
全日本空輸株式会社/東京ガス株式会社/日本航空株式会社/
株式会社三井住友フィナンシャルグループ /株式会社 明治/
株式会社LIXIL
企画名 Go for 2020 Street
開催期間 2016年9月20日(火)~10月10日(月)
  • 11:00~20:00(車両通行規制時間帯)
  • 初日はオープニングセレモニー
会場 仲通り
実施内容 3面LEDパネルを活用した、オリンピック・パラリンピック体感型映像イベント。
仲通りの連絡通路及びコレド室町1、2の壁面に軽量LEDパネルを敷き詰め、コの字型の体感シアターを設置。リオ2016大会の映像を映し出し、臨場感溢れる雰囲気と感動を再現。「そして、いよいよ東京にオリンピック・パラリンピックがやってくる」をテーマにした映像コンテンツも用意し、オリンピック・パラリンピックムーブメントを日本橋から起こします。
企画名 東京2020公式ライセンス商品販売コーナー
開催期間 2016年9月20日(火)~10月10日(月)
営業時間 11:00~20:00
会場 日本橋三井タワー1階 アトリウム

【「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」実施場所 全域地図】


▲クリックすると拡大します
※デザイン・掲出箇所は変更になる可能性があります。

■三井不動産の「スポーツの力」を活用した街づくりの考え方

スポーツには「する」「観る」「支える」などの活動を通じて、暮らす人々や働く人々、憩う人々の心身を健康にするだけでなく、新しいつながりを生みだし、コミュニティを活性化する力があります。当社は、スポーツを経年優化の魅力的な街をつくる上で重要な要素と捉え、「スポーツの力」を活用した街づくりを推進していきます。

また、当社は東京2020ゴールド街づくりパートナーとして、「BE THE CHANGE さぁ、街から世界を変えよう。」というスローガンを掲げ、「発信する」「つなぐ」「受け入れる」というテーマのもと、自らが変化となり、街づくりを起点に、人や地域や社会にいい変化をつくりだし、変えていくことを目指していきます。

プロジェクト開催実績

2015年10月 日本橋シティドレッシング (日本橋エリア)
12月 三井不動産 Ice Rink in Tokyo Midtown (東京ミッドタウン)
2016年4月 三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020[第1回] (日本橋三井ホール)
8月 三井不動産 Presents 六本木シティドレッシング for TOKYO 2020
 (東京ミッドタウン)
三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020[第2回]
 (三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
Challenge Park by 三井不動産
 (三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲)
9月 日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020 (日本橋エリア)
10月予定 三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020
11月予定 三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020

■三井不動産の2020年に向けたスローガン

一人ひとりが変化そのものになろうという意味の「BE THE CHANGE」のロゴは、世界を変える「風」をモチーフにデザインされました。三井不動産のコーポレートカラーの二色で塗り分けられたエレメントは、「風に乗って飛び立つ鳥」をイメージしています。2020年とその先に向けて「人が変われば、世界は変わる」という思いから、掲げたスローガンです。

三井不動産は、不動産開発における東京2020およびJOC・JPCゴールド街づくりパートナーです。

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。