2018年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィス

多様な働き方に応える“泊まれるワークスペース”
ワークスタイリングの新サービス『ワークスタイリングSTAY』始動!
~5月31日(木)汐留イタリア街にオープン~

2018年5月17日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)は、新しい働き方の実現のため、2017年4月より法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」を展開しております。

今回、「ワークスタイリング」の新サービスとして、『ワークスタイリングSTAY』を2018年5月31日(木)に汐留イタリア街にて開業します。『ワークスタイリングSTAY』は、「泊まる」・「くつろぐ」・「働く」を一つの空間に揃え、多様化するビジネスシーンに対応し、企業の新しい働き方を実現するワークスタイリング契約法人向けの「泊まれるワークスペース」です。


>ワークスペースを併設したエントランス(イメージ)

開放的なワークスペース

ゆとりあるデスクを設けた上下セパレートタイプ

スムーズなON/OFFの切替を重視した、フラットタイプ

休憩・宿泊に特化したシンプルタイプ

仕事の疲れを癒すバスルーム

身支度を快適に行えるパウダールーム

扉付きの電話ブース

『ワークスタイリングSTAY』サービスメニュー

  • 泊まる
    東京駅や羽田空港などへのアクセスが良く、出張等の際に安心・上質・手軽な宿泊施設として ご活用いただけます。
  • くつろぐ (ショートステイ)
    早朝フライト前後やフレキシブルな勤務後の休息などにご利用いただけます。
  • 働く
    ブース内での個人作業やオープンスペースでのメールチェックなど、働き方に応じた環境を選べます。

各種ビジネスツール


マウス・キーボード・ケーブル類

筆記用具・電卓等の文房具

複合機・書類用溶解処理ボックス

サービスメニュー

クリックすると拡大します

『ワークスタイリングSTAY 汐留イタリア街』施設概要

住所 東京都港区東新橋二丁目14番1号 NBFコモディオ汐留1階
営業時間 10:00~翌朝9:00 (年中無休、ビル休館日除く)
個室ブース数 55ブース
(男性:42、女性:13)
(ロフトブース:11、フラットブース:22、 ベッドブース:22)
アクセス 都営地下鉄大江戸線「汐留」駅 徒歩5分
JR山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線「新橋」駅 徒歩9分
JR山手線、京浜東北線、東京モノレール「浜松町」駅 徒歩7分

オフィシャルサイト https://mf.workstyling.jp/stay/
  • 本施設は旅館業法上の簡易宿所にあたるため各個室ブース入口に鍵をかけることができません。
  • 本施設はリソルホテル株式会社が運営いたします。

「ワークスタイリング」とは

「ワークスタイリング」は当社が新しい働き方を実現するために2017年4月に立ち上げた法人向け多拠点型シェアオフィスサービスです。

「ワークスタイリング」は、多拠点性に強みを持つシェアオフィス『ワークスタイリングSHARE』、目的や人数、期間に柔軟に対応し、働き方のフレキシビリティを高めるサービスオフィス『ワークスタイリングFLEX』の2つのサービスにて構成、展開しておりますが、今回これにワーカーの様々なビジネスシーンをサポートする『ワークスタイリングSTAY』が加わります。

拠点 2018年5月に31拠点展開予定   *は「FLEX」併設型 **は「STAY」
[都心]
八重洲*、霞が関、新宿西口、大崎、品川、渋谷、池袋、汐留、汐留イタリア街**、 豊洲、浜松町、秋葉原、表参道、六本木*、新宿東口、日本橋(2018年5月予定)、 飯田橋(2018年5月予定)、日比谷*(2018年秋予定)
[郊外]
横浜、船橋、立川、海浜幕張、町田、柏、新横浜、大宮
[地方]
札幌、仙台、名古屋、梅田、広島、博多

ワークスタイリング八重洲

ワークスタイリング東京ミッドタウン

ワークスタイリング汐留

ワークスタイリング八重洲(FLEX)

ワークスタイリング東京ミッドタウン(FLEX)

ワークスタイリング東京ミッドタウン(FLEX)

当社はビルディング事業において、「その先の、オフィスへ」というステートメントを掲げております。
既成のオフィスビルの概念を超えて、新たな付加価値を生み出すことを目指し『三井のオフィス』に集うお客様が、単に「働く」だけでなく、様々なOn Time/Off Timeを過ごし、集う、そんな”新しい生活”の場を提供してまいります。

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。