私たちの森について森の基本データ・森林管理認証(SGEC)について

森の基本データ

森の面積

5,000ha

北海道の道北地方を中心に31市町村にまたがる約5,000haの森林を保有・管理しています。

東京ドーム約1,063個分※東京ドーム4.7haで計算

三井不動産グループの
森が
吸収・固定した
二酸化炭素量

5,343t / 年

※グループ保有林の年間CO2吸収・固定量は、北海道の計算式を採用し、成長量にバイオマス係数、炭素含有率を乗じて求めています。

人工林と天然林の割合

6:4

人工林のほうがやや多く生息します。

人工林
約3,000ha
天然林
約2,000ha

森林管理認証(SGEC)

三井不動産のグループ保有林は、
すべてSGECの
森林管理認証を取得しています

森林管理認証(FM認証)は森林認証の1つで、社会的、経済的、環境的に適切な管理がなされている森林を認証するものです。
SGECの森林管理認証は、日本やアメリカなど欧州を除く温帯林諸国12カ国が参加し、森林経営の持続可能性を客観的に把握・評価するための基準・指標を取りまとめた「モントリオール・プロセス」に 準拠し、日本の森林の自然的、社会的立地に合わせた基準を用いた認証制度です。

page top