三井不動産グループのESGの考え方

三井不動産グループのESG課題への取り組み方針

ステートメント・ビジョン・ミッション

「都市に豊かさと潤いを」─グループ経営の基本理念や目指すべき企業像を集約したこのグループ・ステートメントをはじめとする「ステートメント・ビジョン・ミッション」を、私たち三井不動産グループは、1999年の策定以来、一貫して経営の指針としています。

GROUP STATEMENT

都市に豊かさと潤いを

グループ経営の基本理念や目指すべき企業像を集約したこのグループ・ステートメントをはじめとする「ステートメント・ビジョン・ミッション」を、私たち三井不動産グループは、1999年の策定以来、一貫して経営の指針としています。

GROUP VISION

私たちはどうありたいか

」マークの理念

私たちは、「」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献します。
― 「」を掲げて、人と地球がともに豊かになる社会を目指します。

進化と価値創造

私たちは、不動産ビジネスを進化させることにより、人々に「新しい時代の夢と感動」をもたらします。
― 多様な「知」をとりいれ融合させることにより、国内外で新たな価値を創造します。
― 社会環境・市場構造などの変化と、そのグローバルな潮流を積極的にとらえます。

成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ

私たちは、グループ総体の力を公正にいかんなく発揮することによって、「成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ」を実現します。

GROUP MISSION

私たちに今求められていること

ビジネスとくらしに関するソリューションと
サービスの提供

  • 豊かさと潤いをもたらし、安全・安心で魅力にあふれる空間とソフト、サービスを提供して、街の価値を最大化する。
  • 多彩で革新的なソリューションを提供して、不動産投資市場の成長に貢献する。

グローバルな視野で顧客のパートナーへ

  • 顧客をビジネスの創造ならびに進化・発展の基盤と考える。
  • 顧客が真に求めているものを多面的に把握し、グループの総力で提案・実現する。
  • 顧客のパートナーとして、高い評価を獲得し続け、ブランド価値を高める。

企業価値の向上

  • 持続的な利益成長を図るとともに、不断のイノベーションを行うことにより企業価値を向上させる。
  • 経営資源の最適活用ならびに効率経営を追求する。
  • 常にリスクに対して適正なマネジメントを行う。

個の力を高め結集してグループの力へ

  • 多彩な人材、多様な価値観を融合し、パイオニア精神に満ちた独創性を育む。
  • 個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、互いに共有して、付加価値創造力を高める。
  • 企業倫理と規律、コンプライアンスについて、常に高い意識を持って行動する。

「&EARTH」の理念

人と地球がともに豊かになる社会をめざして &EARTH

三井不動産グループでは、グループのロゴマークである「」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、グループビジョンに「」を掲げ、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献しています。「」は、三井不動産グループの街づくりが常に地球とともにあることを認識し、人と地球がともに豊かになる社会をめざしていることを表しています。

「VISION 2025」におけるESG課題への
取り組み方針

「VISION 2025」では、「」マークの理念のもとESG課題に取り組み「持続可能な社会」と「継続的な利益成長」を実現することを目標としております。重点的に取り組む目標は以下の6つです。

  1. 街づくりを通した超スマート社会の実現
  2. 多様な人材が活躍できる社会の実現
  3. 健やか・安全・安心なくらしの実現
  4. オープンイノベーションによる新産業の創造
  5. 環境負荷の低減とエネルギーの創出
  6. コンプライアンス・ガバナンスの継続的な向上
重点的に取り組む目標

SDGs、Society5.0とのかかわり

三井不動産グループは、グループ・ステートメント「都市に豊かさと潤いを」の基本理念のもと、企業活動、街づくりを通して持続可能な社会の実現に貢献してきました。これからも、重点的に取り組むべき6つの目標を通して、SDGsの目標達成に寄与してまいります。また、政府が掲げる第5期科学技術基本計画のもと、「超スマート社会」の実現を目指しています。イノベーションが先導するこの社会改革は「Society5.0」と呼ばれていますが、当社グループは、テクノロジーを最大限に活用し、不動産業そのものをイノベーションしていくことにより、「超スマート社会」の実現に貢献してまいります。

Society5.0

報告対象期間・範囲

「ESG Report 2021」は、三井不動産グループのESGへの取り組みについて報告しています。また、2020年4月から2021年3月までの活動を中心に掲載しています。ただし、開発プロジェクト進行中(設計・工事段階等)の事例についても取りあげています。原則として年間の数値データは、2020年度(2020年4月から2021年3月)のものを掲載しています。この期間外の数値を掲載する際は、個々に対象期間を明示しています。

なおESGのそれぞれの活動に関する方針や声明、コミットメント等については、2020年度にはじめて公表したもの、改訂したもの、過去より継続しているものは開示しています。

参考にしたガイドライン

環境省「環境報告ガイドライン(2018年版)」
「SASBスタンダード」 「SASB対照表
「TCFD最終報告書」

公開・発行

ホームページ(本サイト)公開:一次公開2021年9月
発行部署・問い合わせ先 三井不動産㈱ ESG推進室 TEL:03-3246-3063

ページトップへ