History


柏の葉スマートシティがつくられたのは、
名門クラブとして40年間、多くのゴルフ愛好家たちに愛された
「柏ゴルフ倶楽部」の跡地を含むエリアです。
次世代のモデル都市として、
街づくりは第2ステージへ向かっています。

1

2001年
柏ゴルフ倶楽部閉鎖

高度経済成長に沸く1961年にオープンした「柏ゴルフ倶楽部」が、
多くのゴルフ愛好家たちに惜しまれつつ、40年の幕を閉じました。

2005年
つくばエクスプレス開通

つくばエクスプレスが開通し、柏の葉キャンパス駅が開業。
利便性の向上とともに、柏の葉エリアは新たな時代を迎えることになりました。

2006年
UDCK開設

公・民・学が連携する街づくりの拠点として、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)を開設。さまざまなプロジェクトを推進しています。

 
ららぽーと柏の葉開業

グルメからカルチャーまで網羅した大型商業施設「ららぽーと柏の葉」が開業。近隣で暮らす人、働く人に欠かせない存在となっています。

2008年
「柏の葉国際キャンパスタウン構想」発表

千葉県、柏市、千葉大学、東京大学の四者によって、公・民・学連携による
国際学術研究都市・次世代環境都市づくりの構想が発表されました。

2009年
パークシティ柏の葉キャンパス⼀番街竣⼯

人々の交流をテーマの一つに掲げ、緑豊かなオープンスペースや
生活利便施設などを設けた大規模分譲マンションを竣工しました。

2011年
「環境未来都市」「総合特区」認定

政府の掲げる新成長戦略に基づき創設された「環境未来都市」と「総合特区」の両制度に、柏の葉の「公民学連携による自律した都市経営」が選定されました。

2012年
パークシティ柏の葉キャンパス⼆番街竣⼯

「環境」「アート」「学び」という3つのキーワードのもと、
豊かなコミュニティ形成による経年優化の住まいづくり・街づくりを推進する
大規模分譲マンションを竣工しました。

2014年
駅前中核街区ゲートスクエア開業

街のコアゾーンと位置づけた「ゲートスクエア」が開業。
住宅、商業、オフィス、ホテルなどの都市機能が集積した
複合開発型のスマートシティが本格稼働しました。

 
三井ガーデンホテル柏の葉オープン

天然温泉大浴場を備えたホテルがオープン。
出張や研修など、短期~中期滞在ニーズに応えます。

2

2016年
アクアテラスオープン

人が立ち入ることのできなかった調整池を整備。
人々の交流を育む水辺空間「アクアテラス」として、開放しています。

 
LEED取得

柏の葉スマートシティでの街づくりなどが評価され、
フ2016年11⽉に国際的な環境認証制度「LEED-ND」において
フ最⾼ランクの「プラチナ認証」を⽇本で初めて取得しました。

2018年
パークシティ柏の葉キャンパス
ザ・ゲートタワー全体竣⼯

2016年のゲートタワーイーストに続き、
2018年に地上36階建のゲートタワーウエストを竣工。
フィットネスや温泉大浴場など、
多世代の暮らしを豊かに彩る共用施設が充実しています。

 
オールブラックス事前キャンプサポート

ラグビーニュージーランド代表オールブラックスの事前キャンプ地として、
柏の葉への誘致が決定しました。

 
「柏の葉かけだし横丁」オープン

つくばエクスプレス高架下に、屋台をモチーフとした19の小型飲食店舗と
ランナーズステーションの計20店舗で構成する商業施設を開業しました。