リスクマネジメント

「経営会議」により三井不動産および三井不動産グループのリスクマネジメント全体を統括するとともに、「業務委員会」が事業リスク※1を、「リスクマネジメント委員会」が業務リスク※2を、それぞれマネジメントしています。
「リスクマネジメント委員会」は原則毎月1回開催し、業務リスクの抽出、対応策や再発防止策の検討·立案などのほか、必要に応じて全社やグループ会社への情報共有などを実施しています。

※1 事業リスク:
主として事業推進・利益獲得のために取るリスク。開発リスク、リーシングリスク、マーケットリスクなど。

※2 業務リスク:
業務遂行上のオペレーショナルリスク。被災リスク、システムリスク、事務リスク、コンプライアンスなど。

リスクマネジメント体制

リスクマネジメント体制図

主要なリスク

当社グループの事業リスク

  • (1)経済環境の変化によるリスク
  • (2)市場金利に関するリスク
  • (3)資金調達リスク
  • (4)不動産事業における競合リスク
  • (5)不動産開発リスク
  • (6)賃貸収入に関するリスク
  • (7)海外事業に伴うリスク
  • (8)外部業者に関するリスク
  • (9)資産価値変動リスク
  • (10)営業原価変動リスク
  • (11)気候変動リスク
  • (12)自然災害、人災等のリスク
  • (13)環境リスク
  • (14)感染症拡大リスク

当社グループの業務リスク

  • (1)法令遵守に関するリスク
  • (2)法令・政策の変更に関するリスク
  • (3)訴訟・紛争リスク
  • (4)利益相反リスク
  • (5)内部統制・会計に関するリスク
  • (6)サイバーセキュリティに関するリスク
過去のニュースリリースを見る閉じる・●○■.※*横にスクロール→