街づくりの品質向上

品質マネジメント

三井不動産グループでは、お客さまに安全・安心や快適さを提供するための基礎として、建物をはじめとする商品・サービス等の品質マネジメントに努めています。

品質を踏まえた安全・安心や快適さを提供することが、お客さま満足(CS)実現の前提であると考えています。

各事業における品質管理

各事業においては、品質マネジメントに関する独自の設計指針・マニュアル等を定めて運用し、品質の徹底管理を図っています。また、お客さまの声や発生した不具合等を反映する改訂、災害時の安全面に関わる項目などの見直しも随時実施しています。

各事業部門の主な指針等

ビルディング事業
  • 「オフィスビル設計指針(BCP設計指針含む)」
    商品企画や運営管理上のノウハウを整理・集約して企画設計に関する方向性を規定
  • 「ビルディング事業標準業務フロー」
  • 「オフィスビルサイン計画ガイドライン」
  • 「オフィスビルバックヤード標準」
  • 「施工品質管理に関する各種帳票」
  • 「CO2削減策解説シート」
商業施設事業
  • 「商業施設設計依頼書」
    商品企画や運営管理上のノウハウを整理・集約して企画設計に関する方向性を規定
  • 「ららぽーとサイン計画ガイドライン」
  • 「テナント内装設計指針」
  • 「デザインクライテリア」
分譲マンション事業
  • 「TQPM(Total Quality Project Management)」
戸建分譲住宅事業
  • 「戸建住宅設計標準」
      品質の高い住まいを提供するために、建築基準法や住宅金融支援機構基準のほかに、豊富な経験と実績を基にした独自の設計基準
賃貸住宅事業
  • 「PAX-M」
     2007年度に策定、2013年3月に改訂して継続的に運用している品質マネジメントマニュアル
戸建注文住宅事業
  • 「設計基準書」
  • 「製品規格」
ホテル事業
  • 「TQPMマニュアル ホテル編」
     三井ガーデンホテルズの設計・施工についてのマニュアル
ロジスティクス事業
  • 「物流施設設計依頼書」
  • 「三井不動産ロジスティクスパーク サイン計画ガイドライン」
  • 「三井不動産ロジスティクスパーク 施設デザインガイドライン」

マンションの品質マネジメント手法「TQPM(Total Quality Project Management)」

三井不動産レジデンシャルは、お客さまにご契約いただいたマンションを約束の期日までに引き渡す責任があり、この売主としての責任を果たす上で、設計者・監理者・施工者において各役割と責任に応じた設計・施工管理がなされているかを確認するために、独自の品質マネジメントシステム「TQPMシステム」を用いています。

「TQPMシステム」においては、設計段階での「設計・施工標準」および「設計ゲート管理」の遵守と、施工段階での「重要品質項目(KQI=Key Quality Item)の立会および書類確認」を設けており、「三井の分譲マンション」としての品質確保と均質化を図っています。

評価機関による性能評価

品質管理の客観的評価として、分譲マンションでは、国土交通大臣登録の第三者機関による「住宅性能表示制度の評価書」を設計段階と建築段階に取得しています(一部物件除く)。

また、三井ホームの戸建注文住宅においても、住宅性能表示制度に高いレベルで対応することができます。