ニュースリリース
2007

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

東京ガス「銀座ガスホールビル」跡地に
商業テナントビル「(仮称)ティージー銀座7丁目ビル」を着工

平成19年7月12日 東京ガス株式会社、東京ガス都市開発株式会社、三井不動産株式会社

 東京ガス株式会社(社長:鳥原光憲)の100%出資子会社である東京ガス都市開発株式会社(社長:佐藤正幸、以下「東京ガス都市開発」)は、「銀座ガスホールビル」(住所:東京都中央区銀座七丁目)跡地において、商業テナントビル「(仮称)ティージー銀座7丁目ビル」を着工しました。当ビルは、平成20年秋の開業を目指します。
 当計画において、東京ガス都市開発は事業主体として開発を推進し、また三井不動産株式会社(社長:岩沙弘道、以下「三井不動産」)は、開発計画の立案・推進、テナント営業、開業後の運営・管理などのマネジメント業務を、株式会社山下設計(社長:横山孝冶)はデザイン監修業務を受託しています。

 中央通りに面する当ビルは、地上12階建て、延床面積約5,300m2の商業テナントビルです。「文化の交差点」をコンセプトに、銀座の一翼を担うブランド店や、全国各地の魅力的な飲食店の導入を図ってまいります。
 現在、核テナントとして、スウェーデンのファッションブランド「H&M」(エイチアンドエム)の出店が決定しています。
*H&Mは、世界28カ国で約1,400店舗以上を展開しているスウェーデン生まれの国際的ファッションブランドです。「ファッションと品質を最良の価格で提供すること」をビジネスコンセプトとして掲げているH&Mは、現在、日本には出店しておらず、フラッグシップショップとして銀座に出店します。

 東京ガスグループは、「銀座ガスホールビル」において、これまで音楽会・講演会など多彩なイベントを行い、文化やライフスタイルに関する情報を発信し、幅広いお客さまにご利用、ご愛顧いただいてまいりました。しかし建物の老朽化が進んだことから建替えを決定し、日本を代表する商業地域 銀座に相応しい商業テナントビルを開発いたします。

 三井不動産は、銀座エリアにおいて都心型商業施設として「銀座並木通りビル(平成14年8月開業)」、「交詢ビルディング(平成16年10月開業)」、「ZOE銀座(平成17年3月開業)」、「銀座VelVia館(平成19年4月開業)」を運営しており、さらに現在、複数のプロジェクトを開発推進中です。これらの実績を踏まえて、当計画のマネジメントを推進してまいります。

【計画概要】

所在地 東京都中央区銀座七丁目1番7(地番)
敷地面積 479.43m2(145.02坪)
建物規模 地上12階地下2階塔屋1階建て
延床面積 5,340.84m2(1,615.60坪)
店舗面積 3,894.22m2(1,178.00坪)
開業予定 平成20年秋
設計・施工 鹿島・清水建設共同企業体
交通 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 徒歩5分

【外観パース】

【位置図・配置図】


©2006 ZENRIN CO.,LTD(Z07BB第099号)

【三井不動産が銀座エリアで開発・運営する商業施設】


©2006 ZENRIN CO.,LTD(Z07BB第099号)
▲クリックすると拡大します

 

ページの先頭へ