サステナブルファイナンス

取り組み方針

環境・社会課題に関する国際的な動きが加速しており、脱炭素社会に向けた実質的な取り組みが一層求められる中、その実現を支援するサステナブルファイナンスも重要性を増しています。当社グループの方針について幅広いステークホルダーの皆さまの一層の認知向上を図り、資金調達の多様化と脱炭素社会の実現を促進するため、サステナブルファイナンスに積極的に取り組んでいきます。

フレームワークの策定

グリーンファイナンスフレームワーク

フレームワークの特徴

当社では、機動的なグリーンボンドおよびグリーンローンの実施に向けて、グリーンファイナンスフレームワークを策定しています。

本フレームワークでは、国内外の環境認証を網羅的に適格基準として設けて、国内・海外のいずれのプロジェクトにも対応可能となっています。

なお、グリーンファイナンスフレームワークの策定に当たっては、国際資本市場協会(ICMA:International Capital Market Association)が定める「グリーンボンド原則 2021」および環境省が定める「グリーンボンドガイドライン2020年版」、また、ローンマーケット協会(LMA)およびアジア・パシフィック・ローンマーケット協会(APLMA)の共同により策定された「グリーンローン原則」(2021年版)(GLP)の4基準と日本の環境省が策定した「グリーンローンおよびサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」に則り作成されています。また、その適合性を担保するため、第三者機関であるサステイナリティクス社から「セカンドパーティ・オピニオン」を取得しました。

グリーンファイナンスフレームワーク セカンドパーティ・オピニオン

サステナビリティ・リンク・ローンフレームワーク

フレームワークの特徴

当社グループでは、SPTsや適用金利、レポーティング等のサステナビリティ・リンク・ローン要件を統一的に定義した「包括型 サステナビリティ・リンク・ローンフレームワーク」を策定しています。これにより、各金融機関の個別取引に本フレームワークを汎用的に適用させることができ、当社および金融機関双方にとってサステナビリティ・リンク・ローンの取り組みが容易となります。

なお、サステナビリティ・リンク・ローンフレームワークの策定にあたっては、サステナビリティ・コーディネーターである株式会社三井住友銀行との協議の下、国際金融業界団体の LMA(Loan Market Association)、LSTA(Loan Syndications and Trading Association)およびAPLMA(Asia Pacific Loan Market Association)が定める「サステナビリティ・リンク・ローン 原則(2021年5月改定)」および環境省が定める「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン(2020年版)」に則り作成されています。また、その適合性を担保するため、第三者機関である株式会社格付投資情報センター(R&I)から「セカンドオピニオン」を取得しました。

セカンドオピニオン

主な実績

グリーンボンドの発行

当社は、東京ミッドタウン八重洲の投資資金を資金使途として、2022年7月に国内不動産会社として過去最高の発行額となるグリーンボンドを発行しました。

名称 三井不動産 第79回無担保社債
(社債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
三井不動産 第80回無担保社債
(社債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
三井不動産 第81回無担保社債
(社債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
期間 5年 7年 10年
発行総額 400億円 100億円 300億円
発行日 2022年7月14日
資金使途 全額を「東京ミッドタウン八重洲」への投資資金として充当
信用格付 AA-(㈱格付投資情報センター)、AA(㈱日本格付研究所)
グリーンビルディング概要
東京ミッドタウン八重洲

「東京ミッドタウン八重洲」は、東京駅前にて進行中の再開発事業の皮切りとなるミクストユース型の大規模再開発プロジェクトです。環境認証としては、CASBEE-建築(新築)で最高評価の「Sランク」の性能を達成しているほか、DBJ Green Building認証の「5スター」または「4スター」の取得を予定しています。

また、脱炭素社会の実現に向けたグリーン電力の活用として、テナント企業のニーズに応じて、当社が保有・開発した全国5か所の太陽光発電所の環境価値を「トラッキング付非化石証書」として付加し、使用電力をグリーン化する「グリーン電力提供サービス」を導入します。

<物件概要>

所在地
東京都中央区八重洲二丁目
建物規模
地上45階 地下4階建
延床面積
約283,900m2
用途
事務所・店舗・ホテル・小学校・バスターミナル・駐車場 等
スケジュール
2022年8月 竣工予定
東京ミッドタウン八重洲

「東京ミッドタウン八重洲」の概要については、以下をご覧ください。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/0408/download/20210408.pdf

レポーティング

資金充当状況

調達金額 充当金額 未充当金額
インパクトレポーティング

2023年度より公表予定

当社は、50ハドソンヤードの開発事業費を資金使途として、2022年1月に国内不動産業界において初となる米ドル建てグリーンボンドを発行しました。

名称 三井不動産㈱ 第4 回米ドル建て無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)
発行日 2022年1⽉21⽇
期間 10年
発行総額 3億米ドル
資金使途 全額を「50ハドソンヤード」の開発事業費のリファイナンス資⾦として充当
信用格付 A3(Moody's)、A(S&P)
グリーンビルディング概要
50ハドソンヤード

「50ハドソンヤード」は、当社が、米国子会社「Mitsui Fudosan America, Inc.」を通じて参画したニューヨーク・マンハッタンにおけるオフィスビル開発事業です。地下鉄7番線「34丁目ハドソンヤード駅」直結という絶好のロケーション、ビルエントランス前に広がる公園、幅広いテナントに選好される大型整形フロアプレート、大型テナントの本社利用ニーズを想定した複数の専用ロビーエリア、またマンハッタンでは希少な車寄せと一定台数の駐車場を具備するなどの強みをもつ、最新鋭のオフィスビルです。環境性能としても最新鋭の性能を備えており、LEED GOLD認証の取得を予定しています。

<物件概要>

所在地
50 Hudson Yards, New York, NY
建物規模
地上58階 地下3階建
延床面積
約2,842,000sf(約264,000m2
用途
オフィス・店舗
スケジュール
2017年 着工済、2022年 竣工予定
50ハドソンヤード

「50ハドソンヤード」の概要については、以下をご覧ください。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2019/1115_01/#outline

レポーティング

資金充当状況

調達金額 充当金額 未充当金額
3億米ドル 3億米ドル 0億米ドル
マネジメント・アサーション

マネジメント・アサーションについては、以下をご覧ください。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/pdf/2021/assetion_on_allocation_of_proceeds_jpn.pdf

インパクトレポーティング

2023年度より公表予定

当社は、日本橋室町三井タワーの保留床取得資金を資金使途として、2019年9月にグリーンボンドを発行しました。

名称 三井不動産㈱ 第68回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)
発行日 2019年9月12日
期間 5年
発行総額 500億円
資金使途 全額を「日本橋室町三井タワー」の保留床取得資金のリファイナンス資金として充当
信用格付 AA-(㈱格付投資情報センター)、AA(㈱日本格付研究所)
セカンド
オピニオン※1
㈱格付投資情報センター(以下、R&I)より、「グリーンボンドアセスメント※2」において、当該フレームワーク※3が「グリーンボンド原則2018」および「グリーンボンドガイドライン2017年版」に適合する旨のセカンドオピニオン、および最上位評価である「GA1」の本評価を取得
  • ※1:当該グリーンボンドのフレームワークが「グリーンボンド原則2018」および「グリーンボンドガイドライン2017年版」に適合する旨のセカンドオピニオンに関する詳細は、以下のR&Iのホームページに掲載されています。
    https://www.r-i.co.jp/news_release_gba/2019/09/news_release_gba_20190906_jpn.pdf
  • ※2:グリーンボンド発⾏による調達資⾦が、環境問題の解決に資する事業に投資される程度を、グリーンボンド原則に掲げられた項⽬を含む評価基準に従って5段階の符号で評価し、債券の償還までモニタリングを⾏うもの。それに付随してグリーンボンドフレームワークに関するセカンドオピニオンを提供することがあり、発⾏体が定めるグリーンボンドのフレームワークが、グリーンボンド原則等に即しているかを評価します。
  • ※3:本社債の発行時点のフレームワークを指します。
グリーンビルディング概要
日本橋室町三井タワー

日本橋室町三井タワーは、「産業創造」「界隈創生」「地域共生」「水都再生」をコンセプトとする「日本橋再生計画第2ステージ」の旗艦プロジェクトとなる大規模複合ビルです。また、日本橋室町三井タワーは、「日本橋スマートエネルギープロジェクト」による電力・熱供給を受けることにより、エネルギーの有効利用で省エネ・省CO2を実現するだけでなく、高い防災力を具備しています。

<物件概要>

所在地
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号
建物規模
地上26階 地下3階
延床面積
約168,000m2
用途
事務所・商業・駐輪場等
スケジュール
2019年3月 竣工
日本橋室町三井タワー

「日本橋室町三井タワー」の概要については、以下をご覧ください。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2019/0730_01/#outline

レポーティング

資金充当状況

調達金額 充当金額 未充当金額
500億円 500億円 0億円
インパクトレポーティング

以下をご覧ください。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/third-party_verification/index.html#date3_E03
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/environment/04.html#p04
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/environment/03.html#p05

サステナビリティ・リンク・ローンの実行

当社は、サステナビリティ・リンク・ローンフレームワークにおいて、SPTsは2021年11月に策定された「脱炭素社会に向けたグループ行動計画」において掲げられている、「グループ全体のScope1+Scope2における温室効果ガス排出量を2030年度までに46.2%削減(2019年度比)」を採用しています。

脱炭素社会に向けたグループ行動計画 2021年度の実績

サステナビリティ・リンク・ローンフレームワークを活用して、以下のとおり実行しました。

実行件数 総額
12件 690億円

サステナブルファイナンスに関するニュースリリース

2022年7月8日

業界過去最大、800億円のグリーンボンド発行

「東京ミッドタウン八重洲」に投資、脱炭素化に向けたファイナンスをさらに推進

2022年1月14日

– サステナブルファイナンスの推進 –

国内不動産業界において初の米ドル建てグリーンボンドを発行 50ハドソンヤードの開発資金に充当