ニュースリリース
2006

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • その他

第22回<東京の夏>音楽祭2006
公演提供のお知らせ

平成18年5月9日 三井不動産株式会社

 三井不動産は、22回目を迎える<東京の夏>音楽祭の公演を本年も提供いたします。

【当社提供公演】
7月5日
「<オープニング>ギトリス& ブルネロ & 小山実稚恵」
7月27日
「<アパップのモーツァルト>ヴァイオリン&クラリネット 二大協奏曲の夕べ」

 <東京の夏>音楽祭は、世界各国の優れた音楽を紹介することを目的に、昭和60年にアリオン音楽財団と朝日新聞社によって始められた国際的な音楽祭です。音楽を「文化」として捉え、毎年設定するテーマのもと、演奏会やレクチャー、シンポジウムなどを東京の複数のホールで開催し、音楽を多角的にお届けしてきました。

 今年は「大地の歌・街角の音楽」をテーマに、大地や街角で育まれた、エネルギーや生きる歓びを感じさせる力強いダンスや音楽、12演目17公演を用意しています。世界を舞台に活躍する3人の音楽家によるオープニング公演をはじめ、ジル・アパップ&ザ・カラーズ・オブ・インヴェンションによるアパップ版ヴィヴァルディ≪四季≫の特別公演、2004年グラミー賞受賞のユッスー・ンドゥールの単独公演など、音楽のジャンルを超え、世界各国のアーティストたちが、 7月5日から8月6日までの期間中、東京の夏を彩ります。

 当社は、長きにわたり、<東京の夏>音楽祭の公演提供を行っている他、下町文化を継承する「隅田川花火大会」の協賛や、日本橋地区における地元の皆様や官公庁等と一体となった街の活性化に向けた取り組みなど、社会貢献・文化活動を積極的に行っております。

以上

当社提供公演概要

【提供公演概要】
公演名:「<オープニング> ギトリス&ブルネロ&小山実稚恵」

世紀のヴァイオリニスト、イヴリー・ギトリス、イタリアを代表するチェロの巨匠マリオ・ブルネロ、そして、2005年のデビュー20周年記念講演の名演も記憶に新しいピアニスト、小山実稚恵。世界を舞台に活躍する3人の音楽家による夢の顔合わせで、選りすぐりの名曲をお贈りします。

出演:
イヴリー・ギトリス(ヴァイオリン)
マリオ・ブルネロ(チェロ)
小山実稚恵(ピアノ)
曲目:
チャイコフスキー ピアノ三重奏曲 イ短調 Op50「ある偉大な芸術家の思い出に」
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ(チェロ、ピアノ)
クライスラー小品(ヴァイオリン、ピアノ) ほか
開催日時:
7月5日(水)7:00pm開演
会場:
東京オペラシティコンサートホール
料金:
全席指定 4,500円(B席)〜7,500円(S席)


公演名:「<アパップのモーツァルト>ヴァイオリン&クラリネット 二大協奏曲の夕べ」
かのユーディ・メニューインに「自由で強靭なイマジネーションを持った、21世紀の音楽家」と言わしめた異色のヴァイオリニスト、ジル・アパップ。クライスラー、メニューイン、フランチェスカッティ、ハイフェッツ等に影響を受けた彼は、クラシックの世界で研鑽を積みながらも、同時に世界各地の民俗音楽の力強いパワーに惹かれ、ヒンズーやロマ、アイルランドの音楽、はたまたクレズマーやカントリー&ウェスタン・ミュージックをモーツァルトやベートーヴェン、バッハ、ヴィヴァルディの音楽にミックスする、という独自のスタイルを築き上げました。
才気溢れる個性派ヴァイオリニストがモーツァルトの名曲に、自由で楽しい街角の息吹を吹き込む軽妙な演奏を、沼尻竜典&トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズと、進境著しい気鋭のクラリネット奏者、亀井良信との競演でお楽しみいただきます。

出演:
ジル・アパップ(ヴァイオリン)
亀井良信(クラリネット)
沼尻竜典(指揮)
トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ
曲目:
モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622
ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216
交響曲第29番イ長調K201
開催日時:
7月27日(木)7:00pm開演
会場:
紀尾井ホール
料金:
全席指定 3,500円(A席)〜6,500円(SS席)

【第22回<東京の夏>音楽祭2006 プログラム】

アリオン音楽財団オフィシャルサイト

【チケット予約・お問い合わせ】

アリオンチケットセンター TEL03-5465-1233

【実施形態】

主催:アリオン音楽財団/朝日新聞社
提供:三井不動産

 

ページの先頭へ