ニュースリリース
2006

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィスビル
  • 住まい

2006年度グッドデザイン賞
「日本橋三井タワー」「パークタワー品川ベイワード」が受賞

平成18年10月3日 三井不動産株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社

 三井不動産グループが開発した「日本橋三井タワー」「パークタワー品川ベイワード」が、財団法人日本産業デザイン振興会主催の「2006年度グッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門)」を受賞いたしました。なお、今般の受賞により、7年連続受賞となります。

 「日本橋三井タワー」は、歴史・伝統豊かな日本橋地区において、「歴史的建築物の保存と開発との両立」を実現した超高層複合ビルです。東京都創設「重要文化財特別型特定街区制度」の第1号の適用を受け、重要文化財である隣接の三井本館を保存しながら開発を推進しました。低層部の外観は、街並みとの調和を意識し、三井本館の列柱のリズムを連続させるとともに、高さ約31mで軒高を揃えました。三井本館7階の「三井記念美術館」のエントランスにもなっている1階のアトリウムは、4層吹き抜けの開放的な空間です。多くの人々が集うイベント等も開催され、憩いの場となっています。また、高層階には、世界的ラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル 東京」が開業するなど、街に新しい機能が加わることで、日本橋地区の活性化にも寄与しています。

 「パークタワー品川ベイワード」は、JR品川駅徒歩12分という都心エリアにありながら、高浜運河沿いの親水性豊かな立地に誕生した地上32階の超高層マンションです。開発にあたっては、立地特性を活かしたデザインと空間づくりを目指しました。外観は、大海原を行く帆船をイメージしたデザインとしました。また、運河に面した建物外周部とエントランスホール中央に水盤を設け、水辺との連続性を創出しました。さらに、桜やオオケヤキなどを配し、都心の暮らしを豊かに演出しています。住戸部分は、多様なライフスタイルに応える豊富なプランバリエーションと5人のデザイナーによる5種類のインテリアテイストを用意するなど、様々なニーズに対応した商品企画としました。

以上

【日本橋三井タワー】

所在地 東京都中央区日本橋室町2-1-1
事業主 三井不動産株式会社、株式会社千疋屋総本店
デザイン設計 シーザー ペリ アンド アソシエーツ ジャパン株式会社 ※2006年6月付でペリ クラーク ペリ アーキテクツ ジャパン株式会社に社名変更
設計監理 株式会社日本設計
施工 鹿島・清水・三井住友・錢高・東レ・佐藤 共同企業体
敷地面積 14,372.85m2(三井本館街区全体)
延床面積 133,727.20m2
構造・規模 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造) 地上39階地下4階
事業スケジュール 平成14年 5月 着工
平成17年 7月 竣工
平成17年10月 三井記念美術館開館
平成17年12月 マンダリン オリエンタル 東京 オープン


日本橋三井タワーから日本橋三越本店新館にかけての高さ31mライン


アトリウム

【パークタワー品川ベイワード】

所在地 東京都港区港南3-5-10
事業主 三井不動産レジデンシャル株式会社、株式会社室町クリエイト
デザイン設計 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所株式会社
設計・施工 三井住友建設株式会社
敷地面積 4,181.03m2
延床面積 43,663.34m2
構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上32階地下2階
事業スケジュール 平成15年 6月 着工
平成16年 2月 販売開始
平成18年 1月 竣工



エントランスホール


パーティールーム

 

ページの先頭へ