ニュースリリース
2006

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • オフィスビル
  • ショッピングセンター
  • 住まい

赤坂エリアにおける複合再開発 オフィス・商業施設棟
赤坂五丁目 TBS開発計画 「(仮称)赤坂Bizタワー」 上棟

平成18年12月20日 三井不動産株式会社

 三井不動産株式会社は、株式会社東京放送が港区赤坂5丁目において推進している「赤坂五丁目TBS開発計画」で、同社とのプロジェクトマネジメント契約にもとづきプロジェクトマネージャーとして事業を推進しておりますが、本日、開発計画のうちオフィス・商業施設棟である「(仮称)赤坂Bizタワー」が上棟いたしましたのでお知らせいたします。なお、本計画建物の竣工は平成20年1月末を予定しております。

 本計画では、赤坂の地を特徴付ける起伏ある地形や開発敷地内の樹木を保存しながら、オフィス・商業棟をシンボルに、2つの劇場を備えた文化施設、都市生活を満喫できる住宅棟などで構成されています。
オフィス・商業施設棟については、ファサードにガラスを使用することで空に溶け込むような透明感のある外観となっており、さらに建物南面にはセラミックルーバーを配し特徴あるデザインとしています。

 オフィスフロアについては、共用部では、廊下やエレベータ内において車椅子の通行や回転が充分可能なゆとりを確保、フロア各階には身体障害者対応のトイレを設置し、また専有部内では、1フロアー約858坪の無柱空間を実現するとともに、レイアウトの自由度を高めるグリッドシステム天井を導入するなど、機能性・快適性に富んだフロア計画となっています。
なお、商業施設については、オフィスサポート機能に重点をおいた飲食・物販を中心に、赤坂に相応しい高感度で洗練されたショップの導入も計画しております。

 オフィステナントに関しては、株式会社博報堂DYホールディングスを初めとする博報堂グループ、株式会社毎日放送、東芝イーエムアイ株式会社、ロイター・ジャパン株式会社の入居が決定するなど、テナント営業も大変順調に推移しております。

 なお当社は、本計画建物竣工後、オフィス・商業施設棟および住宅棟を、株式会社東京放送より一括賃借したうえで、転貸事業および建物運営管理業務を受託する予定です。
平成20年1月には文化施設棟や住宅棟も竣工し、オフィスワーカーのみならず、さまざまな人が交流し、新しい価値・文化が創造される地となるとともに、当開発により赤坂の街がさらに活性化していくものと考えます。

以上

【計画敷地概要】

所在地
(地名・地番)
東京都港区赤坂五丁目322番地 他
全体敷地面積 約33,095.74m2(約10,011坪)
全体延床 約218,835m2
オフィス・商業
施設棟建築面積
約8,385.77m2(約2,536坪)
  規模 地上39階、地下3階、塔屋1階建(建物高さ 179.3m)
構造 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
延床面積 約187,177m2
容積対象
床面積
約164,490m2(うち事務所部分 150,561m2、うち商業部分 13,929m2
駐車場台数 411台
文化施設棟建築
面積
約4,137.89m2(約1,251.71坪)
  規模 地上4階、地下1階(建物高さ 28.9m)
構造 鉄骨造
延床面積 約8,128.77m2
容積対象
床面積
約7,951.45m2
住宅棟建築面積 約1,475.99m2(約446.48坪)
  規模 地上21階、地下1階、塔屋1階建(建物高さ 79.58m)
構造 鉄筋コンクリート造
延床面積 約23,546.97m2
容積対象
床面積
約15,947.53m2
戸数 133戸
駐車場台数 82台
事業主 (株)東京放送
プロジェクトマネージャー 三井不動産(株)
設計・監理 (株)久米設計
施工 TBS開発建設工事共同企業体
((株)大林組、鹿島建設(株)、前田建設工業(株)、清水建設(株))
スケジュール 平成17年2月着工
平成20年1月建物完成(予定)

【位置図】

【全体配置図】

【全体外観完成予想パース】
*パース内、左側の建物は既存のTBS放送センター(現本社屋)です

【(仮称)赤坂Bizタワー 完成予想パース】

 

ページの先頭へ