ニュースリリース
2007

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • イベント

東京ミッドタウン
ユビキタス技術を利用した日本初のタウンツアー
6月13日(水)から開始

平成19年6月12日 東京ミッドタウンマネジメント株式会社

 東京ミッドタウン(事業者 三井不動産ほか)は、ユビキタス技術を利用して、アート作品を紹介するタウンツアー「ユビキタス・アートツアー」をYRPユビキタス・ネットワーキング研究所(所長 坂村健、東京大学教授)と共同で開発し、6月13日からスタートします。
ユビキタス技術を使ったプロジェクトは、これまで様々な実証実験が行われてまいりましたが、同技術を用いた本格的なタウンツアーは、日本初となります。また、東京ミッドタウンは、同技術を用いたサービスに関して、東京都による「東京ユビキタス計画」と連携しており、今後、周辺地域への展開を検討してまいります。
※「ユビキタス」とは、「どこにでも存在する」という意味のラテン語を語源とした言葉で、あらゆるモノや場所にコンピューターが埋め込まれ、利用者はその存在を意識することなく、そのとき、その場所に応じて、最適な情報やサービスが提供される環境を意味します。

 当ツアーでは、東京ミッドタウン内に約500箇所設置したユビキタスマーカーから情報を取得したユビキタスコミュニケータ(情報端末機器)が、お客様をアート作品に誘導し、作品の概要や制作風景、作家インタビューなどの情報を提供します。

 東京ミッドタウンは、「JAPAN VALUE」をコンセプトに掲げ、新しい日本の価値、感性、才能を世界に向けて発信していくことを目指しています。その一環として、美術館やデザイン関連施設を誘致し、多数のアート作品を設置するなど、デザインやアートに関する情報発信を行っています。当ツアーは、最先端のユビキタス技術を活用して、アート作品を気軽にお楽しみいただくもので、「JAPAN VALUE」を融合させたツアーになります。今後も、東京ミッドタウンは、運営管理において様々な企画を検討・実施してまいります。

本件のお問い合わせ先:東京ミッドタウンマネジメント TEL:03-3475-3141 

【ユビキタス・アートツアーの概要】

内容 ユビキタスシステムを使ってナビゲートする日本初のアートツアー。ユビキタスコミュニケータが作品までのルートをナビゲートし、作品の前で、概要や作家紹介、制作風景などを案内する。
料金 1,000円(貸出料500円・保証金500円)
*保証金は端末返却時に返金させていただきます。
コース 全部で7つ(端末から選択可能)
1)120分コース(全体をカバーしたコース)
2)30分ハイライトコース
3)アート堪能コース
4)建築デザインコース
5)庭園コース
6)大きな彫刻コース
7)雨の日コース
受付時間 11:00〜18:00(最終貸出) 20:00(最終返却時間)
コミュニケータ貸出場所
 ガレリア3階「東京ミッドタウン デザインショップ」内
 東京ミッドタウン ツアーカウンター
※受付時に身分証をご提示いただき、貸出しいたします。
対応言語 5ヶ国語(日本語、英語、フランス語、中国語、韓国語)
 

ページの先頭へ