ニュースリリース
2007

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 住まい

イタリア・ミラノサローネ出展のコンセプトモデル「つなぐ〜TSUNAGU〜」
商品化第一弾「パークホームズ千歳烏山 ガーデンズコート」
12月8日第1期販売開始予定

平成19年11月21日 三井不動産レジデンシャル株式会社

 三井不動産レジデンシャル株式会社は、今年4月にイタリア・ミラノ市において開催された世界最大のデザインエキシビジョン「ミラノサローネ」に、コンセプトモデル「つなぐ〜TSUNAGU〜」を出展いたしました。今般、コンセプトモデルをアレンジし、第一弾として、12月8日より販売開始予定の「パークホームズ千歳烏山 ガーデンズコート」 (日本土地建物販売株式会社との共同事業)において商品化いたします。

 「つなぐ〜TSUNAGU〜」は、透過性の高い建具などにより、部屋と部屋、外部空間と室内の境界を曖昧にすることで、人と人をつなぎ、豊かな住空間を創出しようという新たな住まいと暮らしの提案です。

 ミラノサローネに出展したコンセプトモデルには、4月18日から23日の期間中、約2万8千人が訪れたほか、今年10月には、財団法人日本産業デザイン振興会主催の2007年度グッドデザイン賞<新領域部門>を受賞するなど、独創的な住空間は国内外で高い評価を得ています。

 「パークホームズ千歳烏山 ガーデンズコート」では、リビングやダイニング・キッチン、寝室に、竹のデザインを取入れた透過性の高い『つなぐ建具』を採用するほか、玄関・廊下・ホビールームの床を一面タイル貼りとし、部屋と部屋、外部空間と室内をつなぎます。

 バルコニーに面した開口部には、ふすまのように左右自在に動く『FUSUMAサッシュ』を設置し、外部空間と一体となった開放的な居住空間を実現します。また、長さ約4mのテーブル一体型キッチンの採用や、柑橘系の樹木やベンチ等のある広さ1,600m2超の中庭を配すことにより、人と人をつなぎ、豊かなコミュニケーションを生み出します。


『つなぐ建具』とリビング、ダイニング・キッチン


オープンカウンターキッチンとリビング

『FUSUMAサッシュ』

洋室

ホビールームと玄関

つなぐプラン SW-70Bタイプ
専有面積/69.20m2

▲クリックすると拡大します

 なお、「パークホームズ千歳烏山 ガーデンズコート」の主な特徴は以下のとおりです。

【主な特徴】

  • 世田谷区の閑静な第一種低層住居専用地域に立地。
  • 柑橘系の樹木やベンチ等のある、コミュニティの場の中心となる、広さ1,600m2超の中庭を囲むように住棟を配置。
  • 桜やイロハモミジ、ケヤキなどの既存樹を活用したうえで、新たに高さ3m以上の高木を植樹。屋上緑化と合わせ、緑地面積約3,300m2の緑豊かな住環境を創出。
  • ダブルオートロック、CP認定玄関扉、携帯電話を活用したセキュリティシステムなど、高度なセキュリティ体制。
  • 3住戸に1基(一部4住戸に1基)のエレベーター(サニーサイドコート)や、雁行設計、ワイドフロンテージプランなど、採光性やプライバシー性を重視した住棟計画。
  • つなぐプラン、オープンエアテラス付プランなど、2LDK・50m2台〜4LDK・120m2台までの多彩なプランバリエーション。

外観イメージパース

中庭イメージパース

 今後も、東京都内の当社分譲マンション「パークホームズ」シリーズを中心に、お客様にお選びいただけるプランの一つとして「つなぐプラン」を採用していく予定です。

 三井不動産レジデンシャルは、「すまいとくらしの未来へ」のコーポレートステートメントのもと、デザイン性に優れた上質な住まいのご提供と、新しい暮らしのご提案に引き続き努めて参ります。

以上

物件ウェブサイト:http://www.3210chito-kara.com

【「パークホームズ千歳烏山 ガーデンズコート」物件概要】

事業主 三井不動産レジデンシャル株式会社、日本土地建物販売株式会社
所在地 東京都世田谷区上祖師谷二丁目286番地1(地番)
交通 京王線「千歳烏山」駅徒歩14分
敷地面積 12,831.72m2(3,881.59坪)
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上4階地下1階建
延床面積 18,056.33m2(5,462.03坪)
総戸数 205戸
間取り 2LDK〜4LDK
専有面積 55.77m2〜124.55m2
スケジュール 着工 平成19年5月
販売 平成19年12月8日第1期販売開始(予定)
竣工 平成21年4月上旬(予定)
入居 平成21年4月下旬(予定)

【位置図】


▲クリックすると拡大します

【ミラノサローネ出展概要】

テーマ 「つなぐ〜TSUNAGU〜」
期間 平成19年4月18日(水)〜23日(月)
会場 ミラノ・トリエンナーレ美術館2階「Sala d'Onore」
参加アーティス 隈 研吾、ファビオカルビ・パオロブランビッラ設計事務所、原 研哉
会場構成 隈 研吾
展示オブジェ 隈 研吾
 「キッチンテーブル」「ひのき洗面台風呂」(全て新作)
ファビオカルビ・パオロブランビッラ設計事務所
 「ベッド」「ビュッフェ」「ベッドサイドランプ」(全て新作)
原 研哉
 「TSUKUBAI」
協力 木村 ふみ(食環境プロデューサー)キッチンテーブルデコレーション
江尻 憲泰(建築構造家)展示構造設計
中田 岳(意匠家)映像制作、大島 優子

【ミラノサローネ出展 コンセプトモデル】

 

ページの先頭へ