2020年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • その他
  • ショッピングセンター

JR中央線「立川」駅から多摩モノレール線で2駅「立飛」駅に
非日常空間を演出するシネマコンプレックス誕生
~「TOHOシネマズ 立川(仮称)」 9月10日(木)オープン~

2020年2月6日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)が運営する「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」(所在:東京都立川市)の近接地において、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ立川(仮称)」が2020年9月10日(木)にオープンいたします。

「TOHOシネマズ 立川(仮称)」は、全9スクリーン、客席数約1,600席のシネマコンプレックスで、非日常的な空間を意識した施設設計、最新設備の導入はもちろんのこと、多様なニーズに応えるべく上映作品においても人気のハリウッド大作や邦画をはじめ、日本の誇るアニメ作品、単館系と言われるアート作品などバラエティに富んだラインナップを上映いたします。さらにコンサートや演劇、スポーツのライブビューイング(生中継)などの非映画コンテンツにも積極的に取組み、映像を通した地域貢献を目指します。

また、当該エリアには、「TOHOシネマズ 立川(仮称)」に加え、スポーツ交流施設のオープンも予定しており、多種多様なコンテンツを通じて、多世代交流の発信拠点を目指します。スポーツ交流施設の詳細については後日リリースさせていただく予定です。

「TOHOシネマズ 立川(仮称)」計画地近接の「ららぽーと立川立飛」は、JR中央線「立川」駅から多摩モノレール線で2駅の「立飛」駅と接続ブリッジで直結された立川市最大級の大型商業施設です。2015年12月開業以降、仲間や家族と集い楽しむ空間の提供や、お客さまひとりひとりがリラックスしながらくつろぐことができる環境の整備など、多様なニーズに応えられるよう、ショッピングやお食事だけでなく、多彩なサービスの提供やイベントを実施してまいりました。今後も常に新しい付加価値やサービスを発信・提供しながら、お客さまにさらにご支持いただける施設を目指し、進化し続けてまいります。


「TOHOシネマズ 立川(仮称)」外観イメージ


多摩モノレール「立飛」駅からのイメージ

【配置図】

【立川泉町計画全体概要】

所在地 東京都立川市泉町935番1外
敷地面積 9,918m2(約3,000坪)
交通 多摩モノレール線「立飛」駅徒歩4分
施設用途 シネマコンプレックス、スポーツ交流施設他
設計・施工 村中建設株式会社
デザイン監修 株式会社コスモスモア

【「TOHOシネマズ 立川(仮称)」施設概要】

事業者 TOHOシネマズ株式会社
構造規模 店舗棟 鉄骨造2階建
延床面積 4,412m2(約1,335坪)
スクリーン概要 全9スクリーン、客席数約1,600席

【広域図】

【狭域図】

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。