2020年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • スポーツ

「世界に誇るスポーツタウンへ」 DeNA・三井不動産・東急・京急電鉄が
横浜関内エリアの新たな魅力や賑わい創出を目指す、
「YOKOHAMA Sports Town Accelerator」の募集を開始

2020年6月15日
株式会社ディー・エヌ・エー
三井不動産株式会社
東急株式会社
京浜急行電鉄株式会社

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安功、以下 DeNA)と三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)、東急株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:髙橋和夫)、京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長:原田一之)の4社は、2019年7月に概要を発表したDeNAを事業主体として実施する「YOKOHAMA Sports Town Accelerator(ヨコハマスポーツタウンアクセラレータ)」プログラム(以下、本プログラム)の参加者募集を、2020年6月15日より開始します。

本プログラムはベンチャー企業と横浜市庁舎跡地の再開発プロジェクト(※)メンバーである4社が横断的に連携し、ベンチャー企業のアイデアと各社が有するネットワークや施設、データやノウハウ、交通手段などの経営資源を掛け合わせ、関内周辺エリアの抱える様々な課題を解決することで新たな魅力や賑わいの創出を目指す、スポーツを軸とした新しいまちづくりの取り組みです。

審査書類提出期限は7月31日まで、9月以降順次実験、協業を行う予定です。本プログラムを通じて関内周辺エリアの未来を共創することで、関内周辺エリアに住む人、訪れる人、働く人、それぞれにとって楽しく、心地よい街の実現を目指します。

※三井不動産株式会社、鹿島建設株式会社、京浜急行電鉄株式会社、第一生命保険株式会社、株式会社竹中工務店、株式会社ディー・エヌ・エー、東急株式会社、星野リゾートから構成されるコンソーシアム「KANNAI 8(呼称:カンナイエイト)」が、2025年中の開業を目指し、横浜市庁舎跡地を再開発するプロジェクトです。

<YOKOHAMA Sports Town Acceleratorプログラム概要>

■運営体制

事業主体 株式会社ディー・エヌ・エー
協力 三井不動産株式会社、東急株式会社、京浜急行電鉄株式会社
運営協力 株式会社横浜DeNAベイスターズ
後援 横浜市経済局

■実施内容

【実施目的】
ベンチャー企業との共創を通じて、横浜スポーツタウン構想を推進し、関内周辺エリアの抱える様々な地域課題を解決することで、新たな魅力や賑わいの創出を目指すプロジェクトです。関内周辺エリアに住む人、訪れる人、働く人、それぞれにとって楽しめる場所であり、心地よく過ごせる街にするために、関内周辺エリアの未来を共創します。

【募集テーマ】
以下の5つのテーマでアイデアを募集します。
(1)楽しさや熱狂の創出  (2)居心地の良さの創出 (3)関わり合える機会の創出
(4)想いを実現できる場の創出  (5)その他、上記(1)~(4)以外の新たな魅力や賑わいの創出

【提供リソース】

※提供リソースの内容および提供者は採択されたプランに応じて変動します。
※各種データに個人情報は含まれません。

【募集スケジュール】

【オフィシャルウェブサイト】
https://ysa.dena.com

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。