2021年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)

「内幸町一丁目街区」におけるまちづくり方針の合意について

2021年3月25日
NTT都市開発株式会社
公共建物株式会社
       第一生命保険株式会社
       株式会社帝国ホテル
        東京センチュリー株式会社
   東京電力パワーグリッド株式会社
日本電信電話株式会社
     日本土地建物株式会社
東日本電信電話株式会社
三井不動産株式会社

「内幸町一丁目街区(東京都千代田区内幸町一丁目、以下「当街区」)」及び有楽町一丁目街区で構成される日比谷・内幸町エリアでは、東京都・千代田区・地域関係者にて平成23年に「日比谷エリアまちづくり基本構想」が策定され、当街区は令和元年に国家戦略特別区域会議にて東京都の都市再生プロジェクトに位置付けられました。

関係権利者10社は「日比谷地区(内幸町一丁目街区)まちづくり勉強会」を通じ関係者の方々と当街区のまちづくりについて議論を進めてまいりました。

当街区は、大手町・丸の内・有楽町・霞が関・銀座・新橋・虎ノ門等首都東京における重要拠点の結節点であり、日本有数の都市公園である日比谷公園に隣接する場所であることを踏まえ、周辺地域に開かれた街区一体となったまちづくりを進めるため、この度、関係権利者10社にてまちづくりの方針に合意し、当街区及び周辺エリア全体の価値向上・魅力向上をめざし、各種関係機関との協議を進めていくことと致しましたのでお知らせ致します。

当街区におけるまちづくりの主な方針

  • 駅・まち・公園一体の都市基盤整備による開かれた街区の形成
  • 最先端技術等を活用した国際ビジネス交流拠点の整備
  • 高度防災・環境都市づくり

【当街区におけるまちづくりの主な方針】

  • 記載内容は、今後の協議などにより変更となる場合があります。

1. 駅・まち・公園一体の都市基盤整備による開かれた街区の形成(歩行者ネットワーク・広場空間)

  1. 大規模広場の整備による周辺のまちへ開かれた賑わいあふれる街区の形成
  2. 地下・地上結節空間や日比谷公園とつながる道路上空公園等の整備による駅・まち・公園一体の歩行者ネットワークの形成
  3. 都心重要インフラ(電力・通信施設・迎賓機能等)の更新

2. 最先端技術等を活用した国際ビジネス交流拠点の整備(個性ある拠点形成)

  1. 次世代都市OS(デジタルツインコンピューティング※1等)の実証・実装フィールドの構築
  2. 上記を活用した、新たなビジネス・サービス創造支援機能、国際迎賓・文化・交流 機能、ウェルネス促進機能等の強化
  • 1 デジタルツインコンピューティング:サイバ―空間上にも都市を構築することでデータを掛け合わせたシミュレーションを実施し、分野横断型の高度予測を実現する技術

3. 高度防災・環境都市づくり(安全・安心、みどり・環境)

  1. 面的なエネルギーネットワークの構築や建物の省エネルギー化による環境負荷低減
  2. 脱炭素社会の実現に向けた新たなエネルギーシステムの導入検討 
  3. 帰宅困難者支援機能の整備や災害に強いエネルギーシステムの導入
  4. CCP※2 (Community Continuity Planning)の構築など地域防災力の強化
  • 2 CCP:平時のコミュニティ向上から災害時の防災計画等など、平常時、非常時が連携した対応力強化

【位置図】

【計画概要】

計画地の位置 東京都千代田区内幸町一丁目1番
街区別諸元 全体 北地区 中地区 南地区
新本館 タワー
敷地面積 約6.5ha 約2.4ha 約2.2ha 約1.9ha
主要用途予定 ホテル、宴会場等 オフィス、商業、サービスアパートメント等 オフィス、商業、ホテル、ホール、産業支援施設等 オフィス、商業、ホテル、ウェルネス促進施設等
主要建物完成予定 2036年度 2030年度 2029年度 2028年度
全体完成予定 2037年度以降
  • 記載内容は、今後の協議などにより変更となる場合があります。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

【北地区に関するお問い合わせ先】

報道関係者のお問い合わせ先
三井不動産株式会社 広報部 TEL:03-3246-3155
その他報道関係者以外のお問い合わせ先
三井不動産株式会社 日比谷街づくり推進部 TEL:03-5157-5752

【中地区に関するお問い合わせ先】

NTT都市開発株式会社 広報室 
TEL:03-6811-6241

【南地区に関するお問い合わせ先】

第一生命保険株式会社
TEL:03-3216-1211

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。