2021年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • オフィスビル
  • その他

三井不動産の法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」が
業界初、最高レベル(トリプルスター)のセキュリティ認証を取得

2021年11月10日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、当社が展開する法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」において、一般社団法人日本テレワーク協会および一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会が共同で組成した認証機関が運営する「共同利用型オフィス等セキュリティ認証プログラム」において、最高レベルであるトリプルスターの認証※1(以下、本認証)を取得し、昨日授与式を執り行いましたので、お知らせします。なお、トリプルスターの認証基準に適合するのは、業界初※2となります。

昨今、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を契機にテレワークを推進する企業が急増し、これまで以上に通信環境やセキュリティ対策が整備されたテレワーク環境のニーズが高まっています。「ワークスタイリング」では、会員企業・利用者に、より安心・快適に施設を利用いただけるよう、常に最新のセキュリティ対策を実施してまいりましたが、こうした取り組みが高く評価され、認証取得に至りました。

当社はこれからも、「ワークスタイリング」を通して、セキュリティ対策を含む安心・快適な執務環境にとどまらず、多様な働き方、より生産性が高まる働き方を提供・提案することで会員企業や利用者のニーズに応え、社会課題の解決に取り組んでまいります。


授与式の様子
(左から、セキュアIoTプラットフォーム協議会 辻井重男理事長、当社ワークスタイル推進部長 高波英明、日本テレワーク協会 栗原博会長、サイバートラスト株式会社 小川秀人営業本部長)

「共同利用型オフィス等セキュリティ認証」ロゴ
(適合レベル:トリプルスター)
  • 1 総務省サテライトオフィス補助事業のセキュリティ要件にも採用されている「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について(最新版。現在第2版)」を認証基準として、指定検査事業者の検査結果報告に基づき認証機関が認証基準への適合性を認証するもの。
  • 2 「業界初」の業界とは、多拠点型のシェアオフィス事業。

■取得認証について

  1. 取得認証名 「共同利用型オフィス等セキュリティ認証」(適合レベル:トリプルスター)
  2. 認証取得日 2021年10月28日
  3. 対象施設 ワークスタイリングSHARE、FLEX、SOLO 全国計105拠点(2021年10月28日時点)
  4. 認証プログラムの概要
    日本テレワーク協会とセキュアIoTプラットフォーム協議会が認証機関として策定。総務省サテライトオフィス補助事業のセキュリティ要件にも採用されている「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について(第2版)」を認証基準として、指定検査事業者(サイバートラスト株式会社)の検査結果に基づき認証機関が認証基準への適合性を認証するプログラムです。検査項目は管理体制、入退室管理・利用者情報、ネットワーク機器等に係るセキュリティ監査と脆弱性診断があり、項目ごとにセキュリティレベルを審査します。この認証プログラムは2021年4月から開始され、ワークスタイリングは最高レベルの★3つ(トリプルスター)の認証を多拠点型のシェアオフィスとして初めて取得しました。
    ※「共同利用型オフィス等セキュリティ認証」の詳細は以下をご覧ください。
    https://japan-telework.or.jp/workation_top/security/

■ワークスタイリングでの取り組み

ワークスタイリングでは、自社オフィス外で安心・快適に働ける環境を確保するためにはセキュリティの確保が重要であると考え、電話ブースの設置、隣席の声が遮断されるサウンドマスキングなどによるプライバシーへの配慮のほか、Wi-Fiの暗号化や不正アクセスを制限するファイアウォールの設置などの設備やICT技術といったハード面だけでなく、コンシェルジュによる有人管理などのソフト面においても双方から様々な取り組みを実施しています。


Wi-Fiの暗号化

電話ブース

サウンドマスキング

コンシェルジュによる有人管理

■ワークスタイリングについて

「ワークスタイリング」は2017年4月より開始した法人会員向けシェアオフィスで、750社超、約22万人にご契約いただいています(2021年10月31日時点)。全国に広がる拠点を10分単位で利用可能な法人向け多拠点型サテライトオフィス「ワークスタイリングSHARE」、郊外エリアを中心とした法人向け個室特化型サテライトオフィス「ワークスタイリングSOLO」、多様化する企業のニーズや様々なビジネスシーンに合わせた法人向けフレキシブルサービスオフィス「ワークスタイリングFLEX」を全国105拠点で展開しています。

三井不動産グループで提供する「ザ セレスティンホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」「sequence」の提携39拠点と併せて、2021年10月31日時点で144拠点を展開しています。


ワークスタイリングSHARE
(ワークスタイリング六本木一丁目)

ワークスタイリングSOLO
(ワークスタイリングSOLO新百合ヶ丘)

ワークスタイリングFLEX
(ワークスタイリング東京ミッドタウン日比谷)

※ ワークスタイリング公式ホームページ: https://mf.workstyling.jp/

■認証にかかる関係団体

  • 一般社団法人日本テレワーク協会
    「共同利用型オフィス等セキュリティ認証プログラム」認証機関  https://japan-telework.or.jp/
  • 一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会
    「共同利用型オフィス等セキュリティ認証プログラム」認証機関  https://www.secureiotplatform.org/
  • サイバートラスト株式会社
    「共同利用型オフィス等セキュリティ認証プログラム」指定検査事業者  https://www.cybertrust.co.jp/

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しています。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

*なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における2つの目標に貢献しています。

目標8 働きがいも経済成長も
目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
   

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。