2022年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 物流施設

延床面積約18万m2、多様性や環境に配慮した最先端の物流施設
「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)市川塩浜Ⅱ」竣工

2022年3月31日
月島機械株式会社
三井不動産株式会社

本リリースのポイント

  • 都心近接エリアに、月島機械と三井不動産が共同で開発した「MFLP市川塩浜Ⅱ」が満床稼動で竣工。
  • 業界トップレベルのセキュリティ、BCP・感染症対策に加え、「デッキテラス」、「カフェテリアラウンジ」など、立地特性を活かしたリゾート感あふれる共用空間を整備。さらに、多言語対応サインや礼拝室、ジェンダーレストイレなどの様々な機能によりグローバルで多様な働き方をサポート。
  • 生態系保全の取り組みとして、グリーンインフラを整備。太陽光発電設備や「グリーン電力提供サービス」など脱炭素に向けた取り組みの他、4つの環境認証を取得。物流施設においても地域や環境との「共生・共存」を目指した街づくりを通して、持続可能な社会の実現に貢献。

月島機械株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 福沢義之)と三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、共同事業として開発を進める千葉県市川市所在の「MFLP市川塩浜Ⅱ」が本日竣工しましたのでお知らせします。

両社は、入居テナントの物流に関わる課題解決だけでなく、環境に配慮した様々な取り組みを通して、SDGsへの達成や持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


MFLP市川塩浜Ⅱ 外観

■「MFLP市川塩浜Ⅱ」の特徴

特徴(1) 東京都心部への交通アクセスが良い利便性に富んだロケーション

「MFLP市川塩浜Ⅱ」は、首都高湾岸線「千鳥IC」から約1.6kmに位置し、東京外郭環状道路「高谷JCT」の開通に伴い、都内の主要エリアへの抜群のアクセスを誇ります。また成田空港と羽田空港の中間に位置し、東京港へのアクセスにも優れており、物流施設として優れた立地となっております。

特徴(2) 業界最大級の施設規模と業界トップレベルの施設スペック、立地を生かした独創的な共用空間

「MFLP市川塩浜Ⅱ」は、敷地面積:約82,600m2 延床面積:約183,000m2、各階のフロアプレートは約40,000m2と業界最大級の施設規模となります。

事務所の天井高は全フロア約3.5mを採用、海を一望できる開放的なオフィス空間を実現。倉庫内は空調を一部実装し快適な労働環境を整備しました。

1Fトラックバースは国際基準(45ftコンテナ車両)対応、免震構造・72時間対応の非常用発電機等のBCP対策や、車番認証や顔認証による入退館管理等オフィスビル同等のセキュリティ計画とするなど、業界トップレベルの施設スペックを実現。このほか、過剰荷積みを事前に防ぐトラックスケール(重量計)を設置するなど、ドライバーにも安心な環境整備にも配慮しました。


高天井オフィス

45ftコンテナ車両対応トラックバース

車番認証システム

顔認証による入退館管理

トラックスケール

立地特性を活かしたリゾート感あふれる共用部には、海を一望できるデッキテラスやカフェテリアラウンジ、貸会議室を設置。さらに、礼拝室やジェンダーレストイレを整備するなど、多様な働き方に配慮した快適なワークプレイスを提供します。

また、施設で働く従業員専用のポータルサイトを開設し、昼食時のお弁当やフィットネスジムを予約できるシステムを構築。娯楽室ではカードゲームやボードゲームが楽しめ、様々なコミュニケーションの場を創出します。

その他、エントランスに手洗い場の設置、非接触型のエレベーターや各階トイレの利用状況みえる化システムを採用する等、万全の感染症対策を徹底しています。


デッキテラス

カフェテリアラウンジ

エントランス

娯楽室

特徴(3) 周辺地域の生態系保全・グリーンインフラ、脱炭素社会の実現に向けた環境配慮

「MFLP市川塩浜Ⅱ」では生態系保全をテーマとした「再生緑地(生態系を守る森)」を設置し、雨水を利用した「バードパス(鳥の水飲み場)」、土壌中の微生物による水質改善に寄与する「レインガーデン」など、地域のグリーンインフラを整え、周辺地域に生息する動植物の移動拠点になることを目指します。

屋上には、自用の太陽光発電設備(設備容量:約2,000kW、発電量:約2,000,000kWh/年)の設置等により共用部使用電力の100%グリーン化を図ります。専有部では、入居テナントのご要望に応じて柔軟に利用可能な「グリーン電力提供サービス(※1)」を提供、顧客のRE100やESGの課題解決、SDGsの推進をサポートいたします。

また、館内にはSDGs啓蒙活動の一環として、SDGs対応の取り組みを解説するサインを設置しました。

さらに、「ZEB認証(Nearly ZEB)」に加え、「CASBEE(Sランク)」、「BELS(5STAR)」、「DBJ Green Building認証(※2)5つ星」と国内最高評価を取得、高断熱外壁やLED照明を採用し大幅な省エネを図るなど、徹底した環境配慮に取り組んでいます。

  • 1 「グリーン電力提供サービス」:施設で使用する電力を非化石証書の活用によって実質的に再生可能エネルギーとして提供する三井不動産が独自に構築したサービス。RE100等に対応し導入割合などを柔軟に設計できるのが特徴。
  • 2 「環境・社会への配慮」を併せ持つ不動産の評価を通じ、“事業者”と“金融機関・投資家”の架け橋となることを目的に創設された環境不動産認証制度。日本政策投資銀行が制度全般の企画・運営、日本不動産研究所が認証実施機関を担う。


バードパス・レインガーデン

■施設概要

名称 三井不動産ロジスティクスパーク市川塩浜Ⅱ(MFLP市川塩浜Ⅱ)
所在 千葉県市川市塩浜1-12
敷地面積 82,652.23m2
延床面積 183,824m2
規模・構造 地上4階建て・RC・S造・免震構造
設計者・施工者 鹿島建設株式会社
着工 2020年8月25日
竣工 2022年3月31日

位置図

「三井不動産9BOX感染対策基準」について

三井不動産グループでは、これまでも施設ごとに新型コロナウイルス感染対策を徹底してまいりましたが、今後新たな変異株が流行した場合においても安心して当社グループの施設をご利用いただくために、医学的・工学的知見に基づくわかりやすい感染対策が必須と考え、グループ共通の「三井不動産9BOX感染対策基準」を策定しました。当社グループはオフィスビル、商業、ホテル、リゾート、ロジスティクス、住宅等、多様な施設を展開しており、当社グループだけでなく社会全体で共有しやすい項目として提示することで、社会共通の課題解決に貢献したいと考えています。

当社は引き続き、安心・安全な街づくりを通して持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

※参考リリース: https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1001_01/

 

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献について

■月島機械のSDGsへの貢献について

https://www.tsk-g.co.jp/esg/sdgs/
月島機械は、「環境技術で世界に貢献する」という企業理念のもと、持続可能な社会の形成に取り組むことで事業を拡大してきました。皆様の生活に欠かせない上下水道設備や、産業の基盤となる機器・プラントを展開することで、持続可能な水インフラの実現、産業の持続的発展への貢献、クリーンエネルギーの普及拡大による気候変動への対応などに取り組んでおります。今後も、環境とエネルギーを両立させた事業モデルを構築し、循環型社会・脱炭素社会の形成を実現しながら、社会価値の創出と企業価値の向上を図ってまいります。

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

*なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における4つの目標に貢献しています。

目標3 すべての人に健康と福祉を
目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標8 働きがいも経済成長も
目標15 陸の豊かさも守ろう

三井不動産の物流施設事業について

当社は、2012年4月に物流施設事業部(現 ロジスティクス本部)を立ち上げ、本格的に物流施設開発に取り組んでおります。現在では、「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)」を旗艦ブランドとして、「MFLP船橋Ⅰ」や「MFLP茨木」など、国内外に開発・運営施設47物件を展開しており、今後も積極的に新規展開を図ってまいります。また、「ともに、つなぐ。ともに、うみだす。」を事業ステートメントとして掲げ、入居企業の皆さまの課題解決パートナーとして、多種多様なヒト・モノ・コトをつなげること、既存の枠にとらわれない価値づくりに挑戦してまいります。

三井不動産の国内物流施設マップ

※以上の43物件に、その他用途施設3物件、
海外1物件(タイ)を加えた全47物件が当社開発・運営施設。

<三井不動産のロジスティクス事業ステートメント>

『ともに、つなぐ。ともに、うみだす。』
入居企業の皆様の課題解決パートナーとして、多種多様なヒト・モノ・コトをつなげ、
既存の枠にとらわれない価値づくりに挑戦します。
そして、社会のさらなる豊かな暮らしに貢献します。

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。