2019年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

 愛知県中部エリア最大級となるリージョナル型ショッピングセンター
「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」3月1日着工 2020年秋開業予定

2019年2月27日
三井不動産株式会社

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、愛知県愛知郡東郷町にてリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」の開発を推進しており、2019年3月1日に着工いたしますので、お知らせいたします。なお、開業は2020年秋を予定しています。また当施設は、2018年9月にオープンしたららぽーと名古屋みなとアクルスに続き、東海3県2店舗目のららぽーととなります。

当施設は、主要幹線道路の国道153号線と県道57号線から至近のため、東西南北からのアクセスに優れています。また、南側隣接地にバスターミナルが新設される予定です。当施設は、延床面積約190,200m2、店舗面積約63,900m2の4階建てで、店舗数は約230店、駐車場台数は約3,900台を予定しています。

当施設の主な特徴

<地域コミュニティ機能>

当敷地内に約4,000m2の緑地を整備し、地域と連携したイベントが開催できる屋外イベントスペースを設けるほか、バスやタクシーの発着場となる交通広場も整備します。

<商業機能>

ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント、サービスなど、話題性の高い店舗を揃え、施設内各所に快適な休憩スペース等を設ける予定です。ファミリーはもちろんのこと、カップルやアクティブシニアまで、幅広い世代のお客様にお楽しみいただける施設となります。

<防災・環境対応>

災害時帰宅困難者待機スペースの設置、電気自動車充電ステーションの設置や共用部照明にLEDの採用など、防災・環境にも配慮いたします。

当事業地は、東郷中央土地区画整理事業の一環であり、にぎわい空間を創出し、街全体の発展に寄与するための商業機能となります。当施設は、ワンストップで様々な店舗をお楽しみいただくことができ、多くの方が集まるコミュニティの拠点となる「街のクラブハウス」という環境デザインコンセプトの下、魅力あふれる商業環境を創出し、新しい街づくりに貢献してまいります。


鳥瞰図イメージ


外観図イメージ

センターコートイメージ

「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」計画概要

所在地 愛知県愛知郡東郷町春木他(東郷中央土地区画整理事業地の一部)
敷地面積 約89,000m2(約26,920坪)
構造規模 店舗棟:鉄骨造地上4階建
(店舗:1~3階、駐車場:4階、屋上)
立体駐車場棟
 鉄骨造地上4階建 1棟
 鉄骨造地上5階建 1棟
 鉄骨造地上6階建 2棟
延床面積 店舗棟 約109,600m2 (約33,200坪)
立体駐車場棟 約80,600m2 (約24,400坪)
店舗面積 約63,900m2 (約19,300坪)
店舗数 約230店舗
駐車台数 約3,900台
交通 名古屋鉄道豊田線「日進駅」 約2.2km
スケジュール 着工:2019年3月1日
竣工・開業:2020年 秋(予定)
環境デザイン 株式会社スタジオタクシミズ
設計・施工 株式会社竹中工務店

位置図

広域図

詳細図

三井不動産のリージョナル型ショッピングセンター(2019年2月時点)

もっと三井不動産を知る

  • mitsui fudosan story
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。