2021年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • ショッピングセンター
  • 住まい

「(仮称)門真市松生町商業施設計画」建築着工
2023年春開業予定
~商業施設、住宅(分譲マンション)等からなる大規模複合街づくり型開発始動~

2021年10月15日
三井不動産株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信、以下「三井不動産」)は、大阪府門真市松生町にてパナソニック株式会社工場跡地を活用した、商業施設・住宅(分譲マンション)・会員制倉庫型店舗・事業所の4つの街区から構成される大規模複合街づくり型開発事業を推進しており、10月4日(月)に商業施設街区の「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を執り行いましたのでお知らせいたします。なお、商業施設の開業は2023年春を予定しています。

住宅街区では、三井不動産レジデンシャル株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長:嘉村 徹、以下「三井不動産レジデンシャル」)が11階建て・155戸(予定)の大規模分譲マンションの開発を行い、2023年度の竣工・入居開始を目指します。また、その他の街区には、コストコホールセールジャパン株式会社が世界約810ヶ所で展開する会員制倉庫型店舗「コストコホールセール」、門真市に本社を置く東和薬品株式会社の事業所が進出します。

三井不動産と三井不動産レジデンシャルは、各事業者と相互に連携を図りながら、多様な人々が集い出会うコミュニティの拠点となる魅力あふれる空間を創出し活気ある街づくりに貢献するとともに、社会課題を解決することで、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。


「(仮称)門真市松生町商業施設計画」建物全体イメージ

「(仮称)門真市松生町商業施設計画」立地について

本計画地は主要幹線道路である国道163号と大阪中央環状線に接するほか、近畿自動車道の門真ICが至近に位置しており、中広域からのアクセスに優れています。また、京阪本線、大阪モノレール線「門真市駅」から徒歩圏であることに加えて、大阪モノレール線の延伸事業に伴うモノレール新駅の設置が本計画地の隣地にて計画されており、更なるアクセスの向上も見込まれます。

「(仮称)門真市松生町商業施設計画」 主な特長

<商業施設機能>

当商業施設は、延床面積約196,800m2、店舗面積約66,300m2の4階建ての計画です。店舗数は約250店、駐車場台数は約4,300台を予定しています。
ブランドやファッションをはじめ様々なエンターテインメントを集積させ、非日常なシーンも提供する新しい商業施設、また、幅広い世代のお客さまが集い、お楽しみいただけるような商業施設を目指します。

<地域コミュニティ機能>

エントランス広場やセンターコートなど建物内外にもイベントスペースを整備し、様々なイベントを実施できるよう計画中です。

<新たな生活様式に対応する施設計画>

屋外広場の設置、エレベーター非接触ボタン等の非接触型システムの導入など、新しい生活様式に対応した施設計画を積極的に進めます。


センターコートイメージ

本計画におけるESGへの取り組み

本計画では以下の取り組みを行い、CO2排出量の削減等のESG課題解決に寄与してまいります。

<「(仮称)門真市松生町商業施設計画」 における主な取り組み内容(予定)>

  1. コージェネレーションシステム、照明制御システム、外気冷房、高効率空調システムの導入
  2. 屋上スペースを活用した太陽光パネルの設置による脱炭素に向けた取り組みの強化
  3. 混雑状況可視化による案内の強化、出入口への体温測定カメラ設置等による、安心・安全な施設運営


導入予定の各種省エネ設備

<「分譲マンション」における主な取り組み内容(予定)>

  1. 家庭用燃料電池システム「エネファームtypeS」全戸標準採用
  2. ZEH-M(ゼッチ・マンション)oriented認定取得を目指し、外皮の断熱性能の向上と高効率な設備・システムの導入により、「快適な室内環境」「光熱費削減」「CO2使用量削減」を実現できるよう計画

「(仮称)門真市松生町商業施設計画」 計画概要

所在地 大阪府門真市松生町204番3他
敷地面積 約116,700m2(約:35,300坪)
構造規模 店舗棟:鉄骨造地上4階建 (店舗:1~4階)
立体駐車場棟:鉄骨造6層7段 2棟
延床面積 約196,800m2(約59,500坪)
(店舗棟:約31,100坪、立体駐車場棟:約28,300坪)
店舗面積 約66,300m2 (約20,100坪)
店舗数 約250店舗
駐車台数 約4,300台
交通 京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分
近畿自動車道「門真」IC 約0.5km
スケジュール 建築着工:2021年10月 竣工・開業:2023年 春(予定)
設計会社 基本設計:株式会社石本建築事務所
実施設計・監理:株式会社竹中工務店
施工会社 店舗棟:株式会社竹中工務店
立体駐車場棟:綿半ソリューションズ株式会社
環境デザイン 株式会社船場

【建物配置図】

土地利用計画概要

街区名 事業内容 敷地面積 事業者
A街区 商業施設 約116,700m2(約:35,300坪) 三井不動産株式会社
B街区 分譲マンション 約5,600m2(約:1,700坪) 三井不動産レジデンシャル株式会社
C街区 会員制倉庫型店舗 約34,000m2(約:10,300坪) コストコホールセールジャパン株式会社
D街区 事業所 約7,700m2(約:2,300坪) 東和薬品株式会社

位置図

【広域図】

【狭域図】

三井不動産グループのSDGsへの貢献について

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

*本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における5つの目標に貢献しています。

目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標8 働きがいも経済成長も
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標12 つくる責任つかう責任
目標13 気候変動に具体的な対策を

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。