2022年

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 街づくり(複合施設)
  • イベント

好評の“森の風鈴小径”がエリアを拡大して3年ぶりに再登場
ECO EDO 日本橋 2022~五感で楽しむ、江戸の涼~
「ゆかたでぶらり。夏めぐり」をテーマに、街歩きを楽しむイベントを多数開催
2022年7月8日(金)~9月4日(日)日本橋地域で開催

2022年6月15日
ECO EDO 日本橋 実行委員会
一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント
三井不動産株式会社

ECO EDO 日本橋 実行委員会および日本橋室町エリアマネジメントは、日本橋地域において2022年7月8日(金)から9月4日(日)の期間、今年で14回目となる恒例の夏イベント『ECO EDO 日本橋 2022 ~五感で楽しむ、江戸の涼~』を開催します。

『ECO EDO 日本橋』では、江戸時代に日本橋で育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジした様々なイベントを街中で開催します。“食べて”“香って”涼をとる「夏限定グルメ」、“着て”涼をとる「浴衣」、“見て”“聴いて”涼を感じる「風鈴」など、日本情緒あふれる納涼気分を五感で体験いただけます。

今年は、ご好評いただいた「森の風鈴小径(こみち)」が、日本橋室町エリアを中心とした他2か所にエリアを拡大して3年ぶりに再登場し、「夏を奏でる風鈴スポット」として涼しげな街歩きを演出します。その他にも「夏のおさんぽメニュー」や、江戸の涼をテーマにした各種イベントとともに、この夏ならではの日本橋街歩きをお楽しみいただけます。

ECO EDO 日本橋 2022のポイント

【ゆかたでぶらり。夏めぐり】

今年のテーマは「ゆかたでぶらり。夏めぐり」です。「日本の夏」や「江戸の涼」があちらこちらに散りばめられた日本橋で、浴衣を着て街歩きを楽しみませんか。


ECO EDO 日本橋 2022 キービジュアル

耳に届く風鈴の音、目にも涼しい打ち水
ゆかたの袖を揺らす風・・・・・・。
街に息づく江戸の涼を味わう
夏の風物詩「ECO EDO 日本橋」。
今年のテーマは
“ゆかたでぶらり。夏めぐり”。
下駄を響かせながら、小粋に楽しい街歩きを。

ECO EDO 日本橋 2022 ステートメント

暑い夏に涼を感じる限定メニューや見て聴いて涼しい風鈴スポット等、浴衣で街歩きを楽しめる施策を多数ご提供いたします。

「ECO EDO 日本橋 2022~五感で楽しむ、江戸の涼~」実施概要

期間 2022年7月8日(金)~9月4日(日)
問い合わせ先 日本橋案内所 03-3242-0010(会期中11:00~20:00 ※変更の可能性あり)
WEB 「まち日本橋」内予告ページ ※6月15日(水)公開
■日本語版 https://www.nihonbashi-tokyo.jp/ecoedo/
■英語版  https://www.nihonbashi-tokyo.jp/en/ecoedo/
主催 ECO EDO 日本橋 実行委員会、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメント
特別協賛 三井不動産株式会社
協賛 一般社団法人東京ステーションシティ運営協議会、コレド日本橋、コレド室町1~3、
コレド室町テラス、大丸東京店、東京建物株式会社、日本橋高島屋S.C.、
日本橋三井タワー、日本橋三越本店、野村不動産株式会社(YUITO)、
マンダリン オリエンタル 東京、三井ガーデンホテル日本橋プレミア
後援 中央区、一般社団法人中央区観光協会
協力 名橋「日本橋」保存会、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会、
日本橋料理飲食業組合、日本橋三四四会、日本橋北詰商店会、久松料理飲食業組合、
人形町商店街協同組合、甘酒横丁商店会 他

詳細はPDF(1.80MB)をご覧ください。

もっと三井不動産を知る

  • BETHECHANGE
  • 数字でみる三井不動産
  • 歴史からみる三井不動産

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトより無料でダウンロードできます。