ニュースリリース
2006

※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • ショッピングセンター

富士フイルム、三井不動産が銀座二丁目で共同推進する
商業テナントビル「(仮称)Gプロジェクト」が本日着工

平成18年1月23日 富士写真フイルム株式会社、三井不動産株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長 古森 重隆、以下「富士フイルム」)と三井不動産株式会社(社長 岩沙 弘道)は、富士フイルムが所有する東京都中央区銀座二丁目所在の土地において、商業テナントビル「(仮称)Gプロジェクト」を開発推進しておりますが、2007年春の開業を目指して、本日、着工いたしましたのでお知らせいたします。

 並木通りに面する当該ビルは、プランタン銀座などに近接し、最近、高級ブランドをはじめとした商業開発が盛んなエリアに位置しており、30代中盤から40代の大人の男女をメインターゲットとした、個性的で話題性のある粋な空間の提供を目指します。現在、既にテナントとして、英国の有名インテリアデザイナーのコンラン卿がプロデュースし、株式会社ひらまつが運営する、アジア初出店となる「コンランレストラン(仮称)*」が入居することが決定しています。また、銀座としては希少な約430坪の土地を活かして、地上9階から地下1階まで40店舗近い数のファッションアパレル店、飲食店等の出店を予定しており、富士フイルムと三井不動産は当該計画を通じ、周辺地域の更なる活性化に寄与していきたいと考えています。

 当該計画において、開発計画の立案、許認可取得、テナントリーシング、竣工後の運営管理などのマネジメント業務は、商業施設の開発・運営に関して豊富な実績を有する三井不動産が担当しています。三井不動産は、銀座エリアでは「銀座並木通りビル(平成14年8月開業)」、「交詢ビルディング(平成16年10月開業)」、「ZOE銀座(平成17年3月開業)」といった都心型商業施設を展開しており、これらの実績を踏まえて、当該計画のマネジメントを推進してまいります。 

*「コンランレストラン(仮称)」概要
世界的に有名な英国のインテリアデザイナー テレンス・コンラン卿がプロデュースし、本拠地のロンドンを始めニューヨーク、パリなど世界約30カ所に展開するレストランです。今回はその「コンランレストラン」が日本の高級レストラングループ「ひらまつ」と組んで運営するアジア初のレストランとなります。

以上

【計画概要】

所在地 東京都中央区銀座二丁目105番4
敷地面積 約1,413.29m2(427坪)
建物規模 地上9階地下2階建て
延床面積 13,865.67m2(4,194坪)
店舗面積 約8,300m2(2,500坪) 
開業予定 2007年春
施工 鹿島建設株式会社
交通 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 徒歩7分
有楽町線「銀座一丁目」駅 徒歩5分

<添付資料>

【外観パース】

【位置図】

 

ページの先頭へ